タクシー会社がこっそり教える京都の魅力

By 嵐山タクシー

*

湯立て神楽は千と千尋の神隠しのルーツ!? 不思議な日本の儀式とは?

   

 

『千と千尋の神隠し』って不思議な世界だけど元ネタやルーツってあるのかな?どうして神様が温泉に入るの?なんて疑問に思いませんか?そのルーツや世界観、神様が温泉に入るという元ネタは「湯立て神楽」という日本の伝統行事にあります。千と千尋の神隠しのルーツを一緒に見て行きましょう。

 

 

 

千と千尋の神隠しと言えば、日本だけでなく海外でも話題になった長編アニメ映画ですね。私も小さい頃に見て、なんだかとてもワクワクしていたのを思い出します。あんな世界に一度は行ってみたいなぁと思ったものです。あの世界観はいろいろなものが混ざってできていると言われており、日本の温泉街や台湾の九份(きゅうふん)というスポットがモチーフになっているとか。

 

 

 

そして、温泉に神様が浸かりゆっくりと疲れを癒すという世界観は「湯立て神楽」という日本の伝統行事からきていると噂されています。というのも、湯立て神楽というのは、千と千尋の神隠しにそっくりなのです。

 

 

・千と千尋の神隠しのルーツ?湯立て神楽とは?

湯立て神楽とは、釜でお湯をたきます。そしてそのお湯を笹の葉や素手でお湯を飛ばします。そうしてそのお湯をあびると無病息災、五穀豊穣、厄払いされるという行事です。京都でも盛んに行われているこの行事が千と千尋の神隠しのルーツとなっているのです。

 

 

 

お湯をあびせかけるというのは、なかなかワイルドですよね。結構、前の方にいるとお湯がばっちりかかるので熱いかもしれません。もし観戦される場合でしたら、控えめに後ろの方にいると安全かもしれません。私も以前、前の方にいて結構熱い思いをしたことがあるので体験談で申し上げます。

 

 

また、笹の葉は常に青々としている事から生命力がある力のある葉として尊重されてきました。竹もすごいスピードで伸びて行きますから縁起が良かったりするんですよね。また日本のほとんどのところで見ることができますから、入手も安易だったためと思われます。千と千尋の神隠しでは竹は一度も出てこなかったですね。

 

 

 

例えば、千と千尋の神隠しでは油屋という温泉のお店に神様がやってきます。そして温泉につかり、疲れを癒したりしていました。さらに、腐れ神という汚い神様がやってきて洗ってもらったら奇麗な神様だったというエピソードもありましたね。

 

 

 

湯立て神楽も神様がお湯につかり、疲れを癒してもらうというルーツをもっていたりします。また、長野県には神像をお湯につからせ、まさに神様がお風呂に入っているように見えるような湯立て神楽もあるんです。どうでしょうか?宮崎駿さんがこのお祭からルーツを得たというお話もまんざら嘘では無さそうですよね。

 

 

 

さらに、湯立て神楽にはもう一つ特徴があります。先ほども簡単にご案内しましたが、笹の葉か素手でお湯をとばすというものです。このお湯に浴びると無病息災、厄よけ、そして五穀豊穣などのご利益があると言われていました。

 

 

 

千と千尋の神隠しでも、主人公の千尋は神様が入ったお湯にを浴びていました。後に神様から苦団子というものを貰っていました。それが後半重要なアイテムになって彼女を救ってくれました。そんなお話があるのも、湯立て神楽が千と千尋の神隠しのルーツとなっているからではないでしょうか?

 

 

 

そして、千と千尋の神隠しでは神様のお世話をするのがほとんどが女性でしたね。京都の湯立て神楽でも茹だったお湯に榊の葉をいれて飛ばすのは女性の巫女の方でした。また油屋の男性スタッフの衣装と男性神官の服装は似通っていたりするのは、こうしたところからなのでしょうか?なんだか、いろいろと考えられそうなところが面白いですよね。

 

 

 

いろいろとお話させていただきましたが、湯立て神楽が千と千尋の神隠しに影響を与えていたというお話でした。

 

・宮崎駿がモチーフにした湯立て神楽とは?

宮崎駿さんがモチーフにしたとされる湯立て神楽が「長野県」に実在していたってご存知でしたか?そのモチーフにした湯立て神楽というのが、びっくりするくらい千と千尋の神隠しにそっくりだったのです。一体どんな湯立て神楽なのでしょうか?どれだけ似ているのかというのをご案内させていただきますね。

 

まずこの長野県で行われる湯立て神楽は「遠山郷」と呼ばれる場所で行われます。これがまた秘境中の秘境で、トンネルを何度も抜けてやっとたどり着く場所なのです。

 

 

そう、千と千尋の神隠しで千尋たちが迷い込んだ神様たちがいる世界もトンネルを抜け、駅舎をくぐりぬけ、川を超えやっと出て来た場所でしたね。もしかしたら、宮崎駿監督はこうしたところもモチーフにしたのかもしれませんね。

 

 

その遠山郷で行われる湯立て神楽は「霜月まつり」と呼ばれ12月に行われるお祭です。釜でお湯を沸かせてその周りを神様や鬼の仮面をつけた人たちが踊ります。そして踊りながらもその煮立たせたお湯をかけていくのです。

 

 

 

他にも神様の名前がずらーっと並んでいたり、神様のお像をお湯につからせたりと随所になんとなく千と千尋の神隠しのモチーフになったのではないかと思わせるような場面が出てくるのです。そう考えると湯立て神楽は千と千尋の神隠しのモチーフの一つになっていてもおかしくないですよね。それだけ似た部分などがあるのです。

 

 

 

12月ですし、寒い時期長野県では雪が降る中、行われます。神様も冬は寒いですからゆっくりと温泉にでも入ってゆっくりしたいんでしょうね。私も冬はゆっくりとお湯に浸かってのんびりしたいです。

 

千と千尋の神隠しでも、神様をおもてなしをして洗うというのが

 

・湯立て神楽を京都で見るなら!

では、実際に湯立て神楽をご覧になろうと思ったら、どこへ行けば良いのでしょうか?京都で湯立て神楽というと一番有名なのは「城南宮(じょうなんぐう)」というスポットです。こちらの神社は伏見区にあります。方避けの神社として知られていて、厄よけなどにご利益があると言われています。引っ越しなんかの時に訪れると良いとされています。また毎年1月20日に行われており、14:00から本殿前にて行われる予定です。

 

 

 

こちらの神社の湯立て神楽が有名で、大釜に湯を沸かして四人舞の神楽のあとに巫女さんが釜を清めて笹の葉を勢いよくちらしてきます。この大きく散らしていくのがとても豪快でよくニュース映像などでも流れたりしています。なので一度は目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ちなみに私もこちらで拝見させていただいたことがあります。

 

 

毎年1月8日午後には、京都恵比寿神社にて湯立て神楽が行われる様です。こちらも巫女さんが笹の葉を持ち、大釜でお湯を沸かしてそのお湯を豪快に笹の葉で浴びせかけるような形で執り行われています。こちらの方は巫女さんが簡易の浴服のような着物を来ています。こちらの方が千と千尋の神隠しに似ているような気がしますね。

 

 

また2月2日、2月3日にも石清水八幡宮にて湯立て神楽が行われます。二日に渡って行われるのは京都では珍しいです。長野県でも二日に渡って行われる湯立て神楽があるそうです。こちらも巫女さんが笹の葉を持ってばっしゃーと勢いよく水しぶきをあげながら熱いお湯を散らして行くのがハイライトです。

 

 

 

皆さん熱いお湯にあたりながら、キャーなんて黄色い悲鳴をあげつつ嬉しいそうなんですよね。まぁでも無病息災になれるとなればやっぱりそうなりますよね。私も熱いお湯をかけられても平気でした。やっぱりご利益があると分かっていると自然と嬉しくなるのかもしれませんね。京都で湯立て神楽を体験できるところを本日は合わせてご案内させていただきました。

 - 京都観光

  関連記事

壬生狂言の混雑具合は? 新撰組も拍手を送った最高の演劇とは?

  壬生寺と言えば、幕末の京都に 活躍した新撰組の屯所があったところで …

妙心寺の塔頭の数は? 40数カ所もある理由とは?

  京都のお寺の中でも、 「妙心寺(みょうしんじ)」という お寺は変わ …

夏越しの祓は京都のどこでできる? 茅の輪くぐりの意味が意外なんです!

    夏越しの祓(なごしのはらえ)という行事があるのをご存 …

no image
京都、二条城へのアクセスと 歴史より面白いこぼれ話とは?

京都でお城と言えば、 「二条城」と答える方も 多いのではないでしょうか? そんな …

京都で七夕デートするならどこがいい? 絶対に失敗しないデート2015年版

  京都で七夕デートするならどこがいい? 絶対に失敗しないデート201 …

下鴨神社のみたらい祭は冷たい水がたまらない! 足つけ神事で川遊びを楽しんで夏を乗り切ろう。

  夏を乗り切れる秘訣というと大げさですが、夏の暑さを和らげるのにぴっ …

東寺のライトアップはいつから? 10月の東寺は夜に行こう。

  京都の東寺といえば、 一度は見た事あるかもしれません。 五重塔で有 …

花燃ゆ最終回前までに 行っておきたい京都の観光スポットとは?

  現在放送中の大河ドラマ 「花燃ゆ」ですが、 最終回が迫ってきていま …

等持院の見どころは?木像が有名なの? 誰も知らないディープな京都

京都は、様々な観光スポットがあります。有名なところからマイナーなところからいろい …

大徳寺はライトアップはあるの? 紅葉を見るならここに行こう!

  京都の穴場のスポットといえば、 色々なところがありますが、 オスス …