*

等持院の見どころは家康の木像? 拝観料500円の価値はあるのか!

   

出典:https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000178

出典:https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000178

 

京都に幕府をおいたのは

言わずと知れた

「室町幕府」ですよね。

その室町幕府の初代将軍であったのが

足利尊氏です。

この足利尊氏が名指しで重要視していた

お寺があります。

それが今回ご案内する

「等持院(とうじいん)」です。

この等持院の魅力とは?

 

・等持院の魅力とは?

等持院の魅力はなんといっても、

室町幕府将軍であった

足利尊氏が心血を注いで作り上げた

お寺ということです。

このお寺は、後に将軍家の

菩提寺、つまりお墓があるお寺として

続いていくことになります。

お寺の中には、足利尊氏のお墓と

伝わる墓石も残されています。

このお寺の魅力はそんな

室町幕府の将軍家のお寺として

格式の高い禅寺というところです。

そして、さらに見どころを付け加えるなら

「2つのお庭」です。

なんと等持院にはおもむきの異なる

2つの庭があります。

この庭は世界遺産天龍寺のお庭をも作った

作庭師「夢窓疎石(むそうそせき)」が

作り上げたお庭です。

天龍寺は嵐山を借景としたお庭です。

等持院のお庭も同じく衣笠山を借景としています。

このお庭も世界遺産と同じくらい価値のある

お庭だということが分かりますよね。

等持院の中にある

霊光殿(れいこうでん)には

徳川家康の木像があります。

この木像は徳川家康の厄年に

おさめたものだと言われており、

自ら、厄にあわないようにと

自身に似せて作らせたと言われています。

等持院で、実際の徳川家康が

どんな姿だったのか。

見てみるのも、面白そうですよね。

徳川家康の木像は、等持院で是非見て欲しい

ところです。

意外と知られていない面白いお寺、

等持院に訪れてみては

いかがでしょうか?

 - 京都観光