*

八坂神社6月15日の例大祭や悪王子社祭の絶対見逃せないポイント!

   

出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fa/JP-Kyoto-yasaka.JPG

 

八坂神社といえば、京都を代表する神社ですね。地元の方も八坂さんと呼び、馴染みのある神社なんだそうです。八坂神社といえば、実は京都三大祭の一つ「祇園祭」を行っている神社でもあります。そんな八坂神社が6月15日に、祇園祭にさきがけて行うお祭りがあります。このお祭は絶対に見逃せませんよ!6月15日に行われるお祭と、その面白いポイントをご案内します。最後にはお時間やアクセス、拝観料などもあわせて、ご案内します。

 

・6月15日に行われるお祭とは?

八坂神社は2017年6月15日にお祭が行われます。それが「例大祭(れいたいさい)」と呼ばれる行事です。例大祭とは、その神社その神社によって、一番大切な行事とされています。

 

つまり、6月15日が八坂神社にとって一番重要な行事となっているのです。テレビや雑誌などで祇園祭が一番重要な行事のような扱いをされているかもしれませんが、実際は、この6月15日に行われる例大祭が一番重要な行事なのです。

 

例大祭では何が行われるかというとおおまかにいうと、一年間無事に過ごせた感謝と、今後の安寧を願う、神様にご報告やご挨拶をされる神社にとってとても重要な神事のことです。なので、八坂神社だけが行うお祭りということではなく、どの神社にも例大祭というものがあります。

 

一番重要なことが祇園祭ではなくこの例大祭ということにちょっと驚きですよね。一番盛り上がるお祭が一番重要ということではないようですね。

 

・どうして6月15日なの?

でも、ここでちょっと私は疑問に思いました。その神社にゆかりがある日を選んで行うのが例大祭です。だいたい、ご祭神や実際の人物がご祭神だったら、誕生日や命日がその日になります。

 

では、八坂神社の例大祭である6月15日って、一体どこから出てきた日にちなんだろう?と。ボクはちょっと疑問に思いました。あなたもそう思いませんか?誰かの誕生日?それとも命日?

 

実は、この日は975年(天延3年)の出来事に由来するようです。おおよそ1000年前の出来事です。この年の6月15日に、円融天皇が八坂神社で走馬、勅楽などを行いました。そしてこれを神前で行い奉納したという記録が残されています。この日から翌年も同じような行事を継続的に行っていったそうです。

 

6月15日という日にちは、この円融天皇から始まった日にちだったようです。この日をゆかりの日として例大祭として行っているようです。馬で走ったり、天皇の勅令で雅楽を奉納したり、舞を奉納したのが始まりのようですね。

 

それが、縁ということなのか、例大祭でも「東遊び(あずまあそび)」という舞を奉納するそうです。東遊びとは、平安時代の頃に朝廷などで流行った舞なんだそうです。ですから、平安時代からはじまる例大祭には、ピッタリなのかもしれません。

 

こうしたところから、平安時代から始まった例大祭というのが分かるのが面白いですよね。現代でも東遊びが舞われることで、そこから連年として受け継いできたことを感じますね。

 

・例大祭の見どころは?

さて、平安時代からはじまったこの行事が、現代でも東遊びが舞うことから繋がっているというのは、面白いというお話をさせていただきました。しかし、例大祭はこれだけではありません。他にも見どころはたくさんございます。

 

その中から、一つ面白いものがありますのでご案内させていただきたいと思っております。この例大祭にあわせて、行われるのが「悪王子社祭(あおくおうじしゃさい)」です。

 

ストレートに「悪」の「王子」とつけられるとガツンとくるネーミングセンスですよね。もうなんだか、子ども向けの漫画の登場人物のような感じで見てしまいますよね。しかし、しかし、こちらの「悪王子社」というのは、実際に八坂神社にございます。

 

そんなに悪い人が祀られているの?八坂神社って大丈夫なの?なんて思ってしまうかもしれませんが、安心してください。この悪王子というのは、とってもダークで悪い人。という意味ではないのです。

 

え?ちょっと待ってよ。悪ってダメなことだし悪いことじゃないの?なんて思ってしまいますよね。実は、この悪王子の悪とは、善悪の悪というものではないのです。昔、「悪」という字には「力強い」という意味も含まれていました。つまり力強い王子という意味なんだそうです。

 

この力強い王子というのが、八坂神社のご祭神である「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」のことなのです。特に素戔嗚尊の荒御魂(あらみたま)という力強い魂のことを指すのです。生まれたてでエネルギーが強くて、力強いのです。それが悪王子の正体です。

 

つまり、この「悪王子社祭」というのは、八坂神社の神様である素戔嗚尊の荒々しい力強いエネルギーをもった魂が祀られている「悪王子」という神社のお祭なのです。結構ややこしいので、一瞬、え?悪人のお祭なんて勘違いをしてしまいそうですが、ちゃんとしたお祭なのです。

 

名前が面白いので、どんなお祭なのかお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?悪王子なんてちょっと目でおって、気になってしまいますよね。

 

見どころとしては、この悪王子社を見ることができるということと、平安時代から続く「東遊び」を八坂神社の拝殿にて見ることができるということです。この2つが今回ご案内した八坂神社の例大祭の見どころです。

 

・例大祭の日程は?

2017年6月15日(木)

 

・例大祭の時間は?

八坂神社例大祭

10:00~

 

悪王子社祭

14:00~

 

・例大祭の拝観料は?

ご参拝は無料できます。

 

・八坂神社までのアクセスは?

京都府京都市東山区祇園町北側625

 

 - 京都観光