*

刀剣乱舞の京都審神者向けツアー! 聖地を巡ってみませんか?

   

出典:www.inside-games.jp

出典:www.inside-games.jp

 

2015年の1月からサービスが開始された

「刀剣乱舞」は、現在ユーザ数が

100万人を超えるほどの人気ぶりです。

なんと、一部ではブームが起き、

書店からは刀剣関係の本が消え、

売り上げが3倍は伸びたと言われるほどです。

そんな刀剣乱舞は、

現実の刀剣をモチーフにしています。

そのため、全国様々なところに

聖地があり、京都もその例外ではありません。

今回は、京都の刀剣乱舞の聖地を

ご案内します。

 

・刀剣乱舞の聖地ってどこ?

まずは、幕末に活躍した志士である

「坂本龍馬」が愛用したという刀

「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」です。

ゲームに登場する彼は、土佐弁で話し、

新しいもの好きです。

もちろん当時は新しかった

拳銃を所持しています。

彼のゆかりの地といえば、

伏見区にある「寺田屋」をあげる方が

多いのではないでしょうか?

寺田屋は船宿で文久2年(1862年)に

薩摩藩と京都所司代との対決で

知られています。

そこで、龍馬も伏見奉行所に

襲われましたが、難を逃れています。

その寺田屋は、現在でも続いており、

10:00~15:40の間で

拝観することができます。

大人400円

大学生・高校生・中学生300円

小学生200円となっています。

ちなみに、寺田屋は現在でも、宿泊を受け付けており、

予約制ではありますが、

6500円で宿泊することができます。

龍馬も泊まった同じ部屋で寝てみるなんて

いかがでしょうか?

そして、その愛刀であった

陸奥守吉行もこの寺田屋もゆかりの地です。

 

そんな彼を京都で会う機会ができました!!

なんと骨喰藤四郎を所持している

豊国神社がTwitterで発表しています。

15年12月15日~2月21日まで

京都国立博物館で

「刀剣を楽しむ-名物刀を中心に-」

という特別展示が行われます。

そこで、なんと!数々の名刀の中、

「陸奥守吉行」が展示されるとのことです。

これは、ファンとしてはたまらないですよね!

普段は常設展示をしているワケではないので、

見られる機会はありません。

なので、この機会を逃すといつ見れるかが

分かりません。

是非、ファンの方に見ていただきたい

展示会となっています。

他にも、骨喰藤四郎、宗三左文字など

刀剣乱舞のファンにとっては

たまらない刀剣の数々が展示されるそうなので、

陸奥守吉行だけではなく、刀剣乱舞のファン

待望の展示会という事になりそうです。

 

池田屋って今でもやってるの?

刀剣乱舞ファン必見の記事とは?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/touken-k4-015102902-2

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光