*

東寺のライトアップはいつから? 10月の東寺は夜に行こう。

   

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/東寺#/media/File:Toji_2015.JPG

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/東寺#/media/File:Toji_2015.JPG

 

京都の東寺といえば、

一度は見た事あるかもしれません。

五重塔で有名ですよね。

そんな東寺が10月に

特別なイベントが行われるんです。

今回は10月の東寺を

ご案内します。

 

・10月の東寺は夜に行け!

10月になったら東寺に行け。

とはどういうことなのでしょうか?

実は、先ほども申し上げた通りに、

10月に東寺では、特別な

イベントが行われるのです。

普段は、行われない事なので、

10月に京都に訪れる方は、

是非、ご覧になって欲しいのです。

 

その特別なイベントとは

「夜間拝観」です。

夜間特別公開は

2016年10月28日(金)~12月4日(日)まで

行われます。

時間は

18:30~21:30までとなっています。

拝観料は

大人800円

中学生以下500円

となっています。

 

これの何が特別なのか・・・

というと、絶対にこれだけは

見て欲しい。

というのがあります。

それが「五重塔」です。

よくテレビでも京都のシンボルとして

描かれていますよね。

その五重塔がライトアップされます。

さらに、境内がライトアップされるので、

幻想的でまるでファンタジーの世界に

いるような気分になります。

そんなファンタジーな光景が

広がる東寺ですが、

実は、このお寺はファンタジー溢れる

お話があるのです。

 

実は、この東寺は

もともと平安京にある唯一のお寺として

建立されたものなのです。

平安京の入り口に東寺と西寺。

この2つで唯一のお寺があったのです。

その理由は、仏教の力をもって

平安京を守護することです。

そう、仏法をもって悪霊などを

追い払おうと考えたのです。

その為に、五重塔も東寺と西寺に

2塔建てられたのです。

当時としては破格の高さを誇る建物です。

守護のシンボルとして輝いていたそうです。

 

そのうち、西寺が雷によって

倒壊すると東寺のみとなってしまい、

そこから現在に至るまでずっと

東寺だけで、この京都の地を守っていたのです。

なんともファンタジーに溢れた

設定ですよね。

そのために、五重塔にも悪霊に

対抗する為の設定が盛り込まれているのです。

大きい建物というだけでなく、

五重塔には、仏様の遺骨が

眠っているのです。

その御威光をもって悪霊やよくないものから

京都を守っていらっしゃるのです。

そう考えるとますますファンタジーですよね。

なんだか、RPGの世界に迷い込んだような

気がしてきますよね。

五重塔はそんな悪霊から京都を守る

巨大建造物だったのです。

1000年以上も京都を守ってきたと思うと

なんだか感慨深いですよね。

そんな五重塔を

ご覧になってみては

いかがでしょうか?

もちろん10月、11月、12月に

来られる際には、

夜間拝観でご覧になってみてください。

オススメですよ!

 

 - 京都観光