*

来年の初弘法はいつ? 東寺で骨董品や屋台を見よう。

   

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/東寺#/media/File:Toji_2015.JPG

出典:
https://ja.wikipedia.org/wiki/東寺#/media/File:Toji_2015.JPG

 

京都在住の方がお正月の次に

楽しみにしている事。

なんだと思いますか?

世界遺産の東寺で

行われる「初弘法(はつこうぼう)」です。

京都の方が楽しみにしている

初弘法は一体どんなものなのでしょうか?

 

・初弘法とはいったい?

弘法市とは、東寺で毎月行われる行事です。

弘法大師の月命日である21日に

行われます。

初弘法というのは、その年の一番最初に

行われる弘法市のことで、

京都府民にとっても東寺にとっても

特別な意味を持つそうです。

 

さて、そもそも弘法市とは?

となりますよね。

弘法市は、今のフリーマーケットのことです。

なんと、初弘法には

露天が並ぶだけで1200店以上!

そのお店が東寺の境内に

ずらーっと並びます。

これは、京都最大級の大きさです。

それだけ、この初弘法が

京都の方たちにとって

とても特別だということが

分かりますよね。

ちなみに、この

弘法市には、それぞれ

プロの時間帯と、

普通にまったりと楽しめる時間帯というのが

あるのです。

まず、

プロの時間帯は朝のとても早い時間帯です。

朝5時頃から始まりますので、

プロは今日一番の掘り出しものを

探す為に早起きしてやってきます。

この5時から9時頃までは

プロの時間帯かもしれません。

そして、まったりとした時間が

流れ、ゆっくりと見ることができるのが、

14時~16時の間です。

もうそろそろ店じまいの時間も見えてきて、

値切り交渉もすんなりと応じてくれたり、

手が空いてきて、店主の方と

のんびりと雑談している光景が

見ることができるのが

この時間帯です。

早めにいって、掘り出し物を探す

楽しみをとるか、

のんびりと楽しむために

ゆっくりとやってくるか。

好きな時間を選んでみては

いかがでしょうか?

もちろん、最初から最後まで

弘法市に居て、

楽しむというのも良いかもしれません。

骨董品やお店ばかりではなく、

食べ物の露天も出るので、

お祭り気分で過ごせますね。

寒い日なんかは、おでんや

たこ焼きなんて暖かいものを

食べながら、見て回ってみては

いかがでしょうか?

 

早朝にご覧になりたい方は、

タクシーなどをご利用して、

少しでも時間に余裕をもって

行動してみては

いかがでしょうか?

 - 京都観光