*

東福寺 涅槃会 猫 東福寺の涅槃会は他と違う!

   

出典:http://www.tofukuji.jp/function/nehan_e.html

出典:http://www.tofukuji.jp/function/nehan_e.html

 

猫好きなら絶対に見逃せないイベントとは?

毎年3月15日前後には、

各お寺で涅槃会(ねはんえ)が行われます。

涅槃会って何?

と思いますよね。涅槃会とは、

お釈迦様が亡くなれた日に行われる行事です。

旧暦の2月15日に亡くなられたといわれ、

この日に供養が行われるのです。

お寺によっては、涅槃図(ねはんず)と

言われる仏様が入滅された時の

絵が飾られることがあります。

東福寺もそのお寺の一つです。

この東福寺の涅槃図は、ちょっと変わっています。

何が変わっているのでしょうか?

 

・東福寺の涅槃図はちょっと違う!

東福寺の涅槃図はちょっと違います。

どう違うのか。

それは、本来描かれてはいけないものが

描かれているのです。

そんな禁断の涅槃図とは?

その東福寺の涅槃図は

なんと大きさだけでも

縦幅12m横幅6mほどです。

かなりの大きさな事が分かりますよね。

この涅槃図は

3月14日(月)~16日(水)の

09:00~15:00の間に

拝観することができます。

この涅槃図最大の特徴は

本来描かれてはいけないものが

描かれているというものです。

実は、東福寺の涅槃図には

「猫」が描かれているのです。

え?猫?と思いますよね。

実は、涅槃図には猫が描かれません。

それは、お釈迦様に薬を持って行く役目が

ネズミな為、

もし、描いた場合はネズミを狩ってしまって、

お釈迦様のところにお薬を届けられないから。

と言われています。

それなりに、何故か東福寺の涅槃図には

猫が描かれています。

実は、この涅槃図を描いた

明兆という人物が大の猫好きだった。

という事に関係しているそうです。

どうしても、猫好きとして、

描かずにはいられなかったのでしょうか?

その謎はつきませんが、

涅槃図に猫がいるのは、珍しいとして

東福寺の名物となっていったのは

事実です。

是非、大きな大きな涅槃図の中から

猫を探し当ててみてください!

 

注意!東福寺は季節によって拝観時間が違います。

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/toufuku-t1-016020602

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光