*

天龍寺のことをブログに書くなら 外せない事。嵐山に旅行に行ったら見たいスポット

   

h26122001

 

嵐山に旅行に行ったら、外せないのが

世界遺産である

「天龍寺(てんりゅうじ)」です。

この天龍寺のことを

ブログに書くのなら、その前に

是非、知っておきたい事があります。

 

・ブログに書く前に!チェックしておこう!

天龍寺に行ったら、まず見ておきたいのは、

お庭です。

このお庭は日本の景勝地の第一号として

登録されたほど、有名なお庭です。

やっぱり、たくさん写真撮りますよね。

そして、たくさん載せたいですよね。

でも、載せる時に、そのお庭の理由を

知っていれば、もっと楽しいブログに

できると思いませんか?

このお庭について、色々と知って

おきたいですよね。

 

このお庭は、天龍寺が創始された時に

一緒に作られたお庭です。

なので、最初からこの地にあったお庭です。

そして、このお庭を作った方、

これが結構重要であったりします。

「夢窓疎石(むそうそせき)」という方が

この庭を作りました。

日本の中で、この人ほど庭を熟知した人はいない。

と言われるほど飛び抜けた才能を持った方でした。

そんな方が作ったお庭です。

きちんとそれぞれに与えられた意味があるようです。

 

例えば、滝が池に注いでいますが、

その正面には2枚の巨岩を立てて、龍門の滝と

呼ばれるものがあります。

実は、この龍門の滝は、ある故事になぞらえて

作られています。

それは「登竜門(とうりゅうもん)」です。

あれ?ちょっと聞いたことあるかも。

って思いませんか?

新人がチャレンジして通るべき難関などを

「登竜門」などと言いますよね。

実はこれ

鯉が滝を昇りきれば龍になる。

という伝説の「登竜門」から来ています。

なので、この天龍寺の池にある滝は

それを再現しているのです。

巨岩が龍へと変わる一瞬、登って行く

一瞬を捉えたものではないか?

と言われているそうです。

これと、滝の写真を合わせてアップすれば、

楽しいブログになりますよね。

是非、これから天龍寺に行く方も

池の滝をご覧になってみてください。

その時に巨岩をちゃんと注目してみてください!

 - 嵐山観光