*

京の七夕2017。口コミの感想は? ライトアップは浴衣でお得に?

   

出典:http://www.kyoto-tanabata.jp

出典:http://www.kyoto-tanabata.jp

 

7月7日といえば、七夕ですよね。

でも、京都の七夕は

7月ではなく、8月に行われます。

え?どうして?

それは・・・

 

・京都の七夕はどうして8月?

京都の七夕はどうして7月ではなく

8月なのでしょうか?

京都の七夕には

「京の七夕」というイベントが

行われています。

8月1日(月)~15日(月)の間で

行われます。

毎年行われているこの行事では、

今年から会場が増え

堀川と鴨川の従来の会場の他に

岡崎、北野天満宮、二条城、梅小路公園

が増えました。

それぞれ、行われる期間が違うので気をつけてください。

堀川と鴨川、梅雄小路公園会場が

8月6日~12日まで行われます。

岡崎は8月11日~14日までの間です。

北野天満宮は8月1日~14日までとなります。

そして、二条城が

8月3日~15日の期間で行われます。

 

それにしても、どうして8月なのでしょうか?

実は、本来の七夕は8月だったのです。

旧暦の7月7日にあわせて行おうとすると、

新暦の7月7日ではなく、8月になってしまうのです。

なので、新暦の7月7日なると

梅雨の時期になっていることもあり、

天気が優れないことが多いのです。

旧暦の7月=8月に七夕を行うと

快晴の日が多い様ですね。

なので、京都は旧暦の計算のまま七夕を

行っているので8月に行われているのです。

 

そして、この京の七夕の

評判はどうなのでしょうか?

毎年、京都ならではの演出で

人気になっており、

特に堀川か以上の天の川を模した

ライトアップはカップルたちに

人気のようです。

幻想的で、雰囲気も良いため、

デートにはもってこいと

言われています。

また、夜からなので、

気温も昼間より高くなく、

過ごしやすいので、

出かけやすいという声もありました。

今年から始まる二条城会場や

北野天満宮会場など、

京都らしい古都を代表するような場所でも

同じように幻想的な空間に

なっているのではないでしょうか?

 

オススメは、堀川会場に近い

「晴明神社」です。

陰陽師の安倍晴明ゆかりの神社として

知られています。

夜間拝観が行われ、

8月6日~12日までの間で

楽しむことがあります。

この期間の間に、和装、

特に浴衣で行くと特典が贈呈されるそうですよ。

安倍晴明といえば、現代でも

知られている有名な陰陽師ですよね。

さらに、期間限定で

七夕まもりが授与されるそうです。

陰陽師の主な仕事は

星を見ることです。

そんな星に関係ある仕事をしていた

安倍晴明ゆかりの神社。

是非、七夕の日に

訪れてみては

いかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 京都観光