*

龍が有名な相国寺の所要時間は? 龍に隠されたトリックとは?

   

出典:https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000104

出典:https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000104

 

京都にある相国寺(しょうこくじ)では、

龍が描かれた法堂(はっとう)が有名です。

この法堂には大きなトリックが隠されています。

一体、どんなトリックなのでしょうか?

 

・龍が描かれた法堂の秘密とは?

龍の絵が描かれている相国寺の法堂には、

トリックが隠されています。

そもそも、法堂とは

禅宗のお寺では、説法を聞かせる場所として

使用されてきました。

その仏の教えを説いてもらう部屋に

残されているトリックとは?

 

それは

実は、この法堂の天井には

一面に大きな龍の絵が描かれています。

この龍の真下で、あることをすると

この龍の鳴き声を聞く事ができるのです。

 

そう、この龍の真下で

手を広げ、

その手を打ち鳴らします。

すると、

「バーン!バーン!」

と音が聞こえてきます。

これが、この法堂に描かれた龍の

鳴き声なのです。

実は、この音は、

法堂の中を多重反響して聞こえてくる

音なのだそうで、

フラッターエコーという現象だそうです。

実は、天井が丸いお皿のように縁だけが

盛り上がっており、

音を集約して響く様に設計されているそうです。

これを、遥か昔に考えて作ったというのが

スゴいですよね。

 

でも、なぜ龍の鳴き声が

この法堂に必要だったのか?

それは、龍が仏教を守護する役割を

果たしており、龍が泣く事で

仏教の教えが世に広まると

考えられているからです。

そんな龍の下で説法をしてもらえるとなると

ちょっと特別な気持ちになりますよね。

きっとそのために、

龍が鳴けるようにしたのかもしれません。

一度は、鳴き声がする

龍をご覧になってみては

いかがでしょうか?

 

初公開!何百年と眠いっていた

幻の至宝が公開!

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/yougenin-k1-015121101

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光