*

京都相国寺が今アツい! 鳴き龍も伊藤若冲も公開され大人気!

   

出典:http://www.shokoku-ji.jp/s_sanpai.html

出典:http://www.shokoku-ji.jp/s_sanpai.html

 

京都にある相国寺(しょうこくじ)では、

龍が描かれた法堂(はっとう)が有名です。

そして現在、伊藤若冲生誕300年記念として

伊藤若冲の絵が公開されています。

今、京都でアツいスポット

相国寺には、どんな魅力が隠されているのでしょうか?

 

・相国寺の魅力とは?

京都の相国寺は、同志社大学のすぐ近くにあるお寺で、

室町時代から続く歴史あるお寺です。

なんと、この相国寺は金閣寺や銀閣寺を

塔頭にしているなど、有名なお寺なんです。

このお寺には、今年で生誕300年になる

伊藤若冲がいたことで有名です。

そのため、今年は伊藤若冲の特別展が

開かれるなど、多くの人から注目を

集めています。

そんな相国寺で有名なスポットといえば、

法堂です。

この法堂には大きな龍が描かれています。

その龍に隠された大きな秘密とは?

隠されています。

 

・龍が描かれた法堂の秘密とは?

龍の絵が描かれている相国寺の法堂には、

大きな秘密があります。

でも、その前に

そもそも、法堂とはどのような場所なのでしょうか?

法堂は禅宗のお寺で見ることができる施設で、

お僧さんの説法を聞かせる場所として

使用されてきました。

その仏の教えを説いてもらう部屋に

なぜ龍が描かれているのでしょうか?

それは、龍が仏教を守護する役割を

果たしており、龍が泣く事で

仏教の教えが世に広まると

考えられているからです。

そんな龍の下で説法をしてもらえるとなると

ちょっと特別な気持ちになりますよね。

また、この龍は天井にでかでかと

描かれており、存在感が

本当にスゴいんです。

下にいても、ずっと睨みつけられているような

感覚に襲われます。

こう・・・身が引き締まる思いです。

そんな中で説法を受けたら、

きっと真摯に受け取って、

真剣にならざるおえませんよね。

そんな効果があるのかもしれません。

しかし、相国寺の龍には、

その他にも秘密があるのです。

なんとこの龍の真下で、あることをすると

この龍の鳴き声を聞く事ができるのです。

そう、この龍の真下で

手を広げ、

その手を打ち鳴らします。

すると、

「バーン!バーン!」

と音が聞こえてきます。

これが、この法堂に描かれた龍の

鳴き声なのです。

実は、この音は、

法堂の中を多重反響して聞こえてくる

音なのだそうで、

フラッターエコーという現象だそうです。

実は、天井が丸いお皿のように縁だけが

盛り上がっており、

音を集約して響く様に設計されているそうです。

これを、遥か昔に考えて作ったというのが

スゴいですよね。

これだけスゴい法堂が

相国寺にはあるのです。

室町幕府の庇護を受け巨大に成長していった

相国寺には、こうした人を惹きつけるものが

必要だったのかもしれません。

魅力ある龍が描かれている相国寺。

少し訪れたくなりませんか?

京都に訪れた際には、

鳴き龍を見に相国寺へ

足を向けてみるのはいかがでしょうか?

まずは、あなたのスマホのメモ帳を開いて、

鳴き龍、相国寺と

メモを残しておいてくださいね!

 

カップルはこれを見ずに渡月橋に行ってはいけません!

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/arashiyama-t1-016121501

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光