*

相国寺は同志社の近く? 京都駅からのアクセスは何が便利?

   

出典:http://www.shokoku-ji.jp/s_sanpai.html

出典:http://www.shokoku-ji.jp/s_sanpai.html

 

京都に観光に来られる時、

アクセスが気になりますよね。

そこで今回は、京都の有名なスポットの一つ

「相国寺」のアクセスをご案内します。

 

・京都駅から相国寺へのアクセスは?

京都駅から相国寺へのアクセスは

地下鉄かタクシーが便利です。

まず地下鉄ですが、京都駅から出発します。

地下鉄烏丸線(国際会館行)へと乗ります。

6駅乗車してください。

そこから「鞍馬口」で

下車してください。

そこから、徒歩で15分歩くと

相国寺へとたどり着きます。

トータルで30分~50分の時間になると思います。

雨や、歩くのが疲れるという方には、

もう一つのオススメであるタクシーで行きましょう。

京都駅から、タクシー乗り場に移動し

「相国寺へ」と仰って頂ければ、

おおよそ25分ほどで相国寺へとたどり着きます。

後は、相国寺をお楽しみ下さい。

さて、相国寺についたけど、

何か見るべきポイントは?と迷ったら

今の季節にしか見られない

特別なスポットを訪ねてみては

いかがでしょうか?

2016年9月25日(日)~12月15日(木)まで

の期間で

「相国寺 秋の特別拝観」が始まります。

この特別拝観では、普段拝観することのできない

特別なスポットに立ち入ることができます。

この特別拝観では、

方丈や開山堂・法堂が拝観できます。

特にオススメは

「法堂(はっとう)」です。

この法堂は重要文化財なのです。

何が特別に見られるか。

それは、天井をご覧ください。

そこに答えがあります。

そう、上を見上げると大迫力の

「龍」がこちらを見つめています。

ぎろりとまるで監視するかのように睨みつけています。

この目、どこの位置にいても睨みつけてきます。

実は、この龍は、「四方睨み」という技法を使って

描かれており、どこにいても、目があうように

なっているのです。

そして、それだけではありません。

手を叩いてみて下さい。

すると、「ビーン!!」と

音が反響します。まるで

天井の龍が呼応して鳴くかのように、

反応します。

そう、この龍は「鳴き龍」と呼ばれ、

手を叩いたりすると、音が反響して

鳴くような音を出したりするのです。

この法堂は鳴き龍が居るスポットとして

有名なのです。

しかし、通常では拝観できません。

この季節限定で公開していたり、

他にもイベントなどで

公開している時もありますが、

普段は見ることができません。

ですので、この季節のみとなるのです。

ですから、これからの季節に

行かれる方は、

是非、法堂の方にも足を向けてみて

ください。

是非、手を叩き、鳴き龍かどうか

確かめてみてください。

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光