*

節分では、どうして毎年違う方角を 向くの?2016年の方角と由来は?

   

出典:http://putiya.com/42gatu_setu01_05.html

出典:http://putiya.com/42gatu_setu01_05.html

 

節分で恵方巻きを食べるという方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

さて、そんな方が気になるのは、

今年の方角ですよね。

一体、今年はどの方角なのでしょう?

 

・2016年の方角は?

2016年の節分は

2月3日(水)です。

恵方巻きの方角は南南東です。

 

さて、でもこの方角というのは

毎年違ってきます。

どうしてなのでしょうか?

毎年同じ方角でも良いのでは?

と思いますよね。

実は、この方角というのは、

干支によって方角が

違ってくるのです。

今年の干支の方角に向かって

恵方巻きを食べる。

なんとなく、福が貰えそうですよね。

なので、今年の縁起の良い

方角に真正面に向かって

食べるといいそうです。

 

そして、節分のちょっと

面白いお話があるので、一緒に

させていただきますね。

実は、昔の節分は2月に

行うものではなく、

1月1日に行うものでした。

それが、どうして2月にずれこんだのかというと、

それは、明治からなのです。

明治政府から、これからは

太陽暦を浸かって行くといわれ、

今まで月を見て一年を決めていた

日本人たちは戸惑います。

今まで通りに行事が行えないのは

困ってしまいます。

そうして、節分も1月1日に

行われていたものから

旧暦の1月1日の日に

あわせて行われるようになると、

2月の最初の週に

なってしまうのです。

本来、年を分ける意味で

「節分」と呼ばれていましたが、

現在では、2月に行われるようになっています。

なので、実は2016年の始まりは、

旧暦でいうなら2月からなのです。

そう考えるとちょっと以外ですよね。

昔はおせち料理とあわせて、

豆も食べていたんだ。

というのも面白いですよね。

そんなちょっと以外なお話でした。

 

節分で運試し!車が当たるかも?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/yoshida-s1-016010601 

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 未分類