*

千本鳥居のある伏見稲荷大社の神様は どんな神様?どんなご利益があるの?

   

伏見の鳥居

伏見の鳥居

 

伏見稲荷大社といえば

「千本鳥居」が有名ですよね。

ずらーっと朱色の鳥居が並ぶ姿は

壮観です。

この景色をご覧になろうと、

たくさんの方が訪れます。

そんな伏見稲荷大社では、

どんな神様がいらっしゃって、

どんなご利益があるのでしょうか?

 

・伏見稲荷大社の神様は一体?

伏見稲荷大社の主祭神は

「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおみかみ)」

とおっしゃいます。

これだけでは、なんのこっちゃ?

という感じですよね。

宇迦之御魂大神は

別の表記の仕方では

「稲魂」とも書く事ができるそうです。

これなら分かりやすいですよね。

稲、ひいては、穀物

食べ物の神様なのです。

だから、お稲荷さん。

と呼ばれているのですね。

ちなみに、昔から女神であると

信じられてきています。

今まで、伏見稲荷大社の神様が

狐だと思っていた方にとっては

驚きの事実かもしれませんね。

実は、伏見稲荷大社は、

狐の神様ではなく、

穀物の神様で女神様だったのです。

ですから、ご利益としては

農家の方などがとても喜ぶような

五穀豊穣を司る神様になっています。

もちろん、神様でいらっしゃいますし、

様々な神様が伏見稲荷大社に

いらっしゃいますので、

健康や、恋愛、そして金運など

様々なご利益があります。

また猿田彦(さるたひこ)という神様も

いらっしゃいます。

こちらは、天皇のご始祖の神様を

道案内した。

という神話から、旅の安全や交通安全に

ご利益のある神様として知られています。

もし、普段、通勤や通学に

電車やお車をお使いの方は、

伏見稲荷大社にお参りしてみては

いかがでしょうか?

きっとご利益があるものと思います。

一つの神社にお参りするだけで、

たくさんのご利益があるのも、

伏見稲荷大社の人気の秘密なのかもしれません。

是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

 - 京都観光