*

へちま加持・ぜんそく封じが行われる 赤山禅寺ってどんなところ?

   

出典:http://www.sekizanzenin.com/kaji.html

出典:http://www.sekizanzenin.com/kaji.html

 

京都の表鬼門を守る

「赤山禅院(せきざんぜんいん)」ですが、

ここで面白い行事が行われます。

 

・へちま加持とは?

赤山禅院で行われる面白い行事が

「へちま加持」です。

え?なにそれ?と思いますよね。

古くから中秋の名月の日に合わせて

催され、「へちまの護符」と呼ばれるものを

持ち帰ると「ぜんそく」に効き目があると

言われてきました。

そのため、全国からこのご利益にあずかろうと

たくさんの方が赤山禅院に訪れます。

今年の開催日は

9月27日(日)です。

09:00~から受付がはじまり

15:00まで行われています。

でも、どうしてここの

「へちま護符」が効くのか。

それは、比叡山の僧侶であった

「阿闍梨(あじゃり)」という方が

持ってきたからです。

誰なの?教科書に出てこないし!

と思うかもしれません。

けれど、教科書に出てこなくても

スゴい人はいるのです。

阿闍梨は人の名前ではなく「称号」になります。

この阿闍梨の称号を取る為には

最低でも7年の修行をします。

まず5年かけて比叡山のお堂を毎日毎日礼拝します。

そしてそれが終わると

一週間の断食、断水、断眠を行います。

そして残り2年をかけて赤山禅院に

お参りをします。

この時に、ちまき護符を奉納するのです。

厳しすぎる修行をする阿闍梨に

あやかり、ご利益があると言われているのです。

なので、全国区から人が集まるのです。

 

赤山禅院についてはこちら

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/sekizanzenin-n1-015082701

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光