*

清涼寺?清凉寺? 釈迦堂の本当の名前はどちらが正しい?

   

スクリーンショット 2015-07-30 17.22.45

 

嵐山にある通称「釈迦堂」

と呼ばれるお寺には

正式名称があります。

それが「せいりょうじ」です。

 

・せいりょうじの秘密

嵯峨釈迦堂は

「清凉寺」という正式名称があります。

それがどうしたの?

と思うかもしれません。

でもよく見て下さい。

特に凉という字。

あれ?

何かに気づきませんか?

そうです。

「凉」という字がちょっと

変わっているんですね。

「涼」というさんずいではなく、

ふたつの点なんですね。

結構間違いやすいので

間違われることも多いそうです。

「清涼寺」ではなく

「清凉寺」が正解のようです。

皆さんも使う時があれば

気を付けて下さいね。

さて、清凉寺という名前があるのに

どうして、嵯峨釈迦堂と

呼ばれているのでしょうか?

実は、この清凉寺には

インドから中国に渡り、

中国から日本へとやってきた

海外のお釈迦様が

いらっしゃるのです。

そのお釈迦様は

普段は、お堂のお仏壇に入れられており、

見ることができません。

それを見ることができるのは

毎月8日の日となっています。

この日は、扉が開けられ、

3つの国を渡り歩いた海外のお釈迦様を

見ることができます。

なんと、お釈迦様が生きていた時代に

お釈迦様を見た人が、その身長と同じ

高さで作ったといわれ、

等身大のお釈迦様だと言われています。

結構、背が高くて初めて見る方は

驚くかもしれません。

え?こんなに高いの?

と思うほどです。

気になる方は毎月8日の日に

嵯峨釈迦堂に赴いてみては

いかがでしょうか?

 

燃えるように熱い!

3月に行われるビッグイベントとは?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/seiryouji-o1-016021501

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 嵐山観光