*

京都の4月、平日はどれくらい混雑するの? 混雑しても見たい!桜の絶景ポイントは?

   

京都の4月はどうしても混雑してしまう時期です。だからこそ、休日の土曜日や日曜日を避けて平日に行こう!と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?私も休みさえあれば、平日の方をオススメしたいです。休日はどうしても混雑して、さらには交通規制がかかってしまうほどです。

 

 

 

それならば、平日はどれくらい混雑しているのでしょうか?せっかく平日に来られるのに混雑したくないですよね。そこで事前に混雑しそうなスポットをご案内していきたいと思います。そして、それでも見たい!どうしても見て欲しい絶景スポットもあわせてご案内していきたいと思います。

 

 

・4月の京都、混雑するスポットとは?

4月の京都平日でも混雑してしまうスポットをご案内させていただきます。

 

 

 

・清水寺

・産寧坂

・醍醐寺

・天龍寺

・嵐山

 

 

 

 

おそらくこの辺りが平日でも特に混雑するのではないでしょうか?そしてさらに休日ならば余計に混雑します。

 

 

 

 

・清水寺

皆さんの中で知らない人はいないだろうというくらいに人気で有名なスポットですね。やはり混雑する理由としては、有名なスポットであるということ、そしてたくさんの桜が咲くということですね。なんと境内には1500本の桜が植えられていると言います。

 

出典:https://www.instagram.com/p/1VPyNRGWQQ/?taken-by=feel_kiyomizudera&hl=ja

 

 

清水の舞台から見る景色と合わせるとそれはそれは絶景だと思います。その景色を見たくて皆さん全国からやってくるんです。本当に美しいので混雑してでもみたい!という方は是非ご覧になってみてください。混雑してでもご覧になりたい桜があります。

 

 

 

さらに言えば、こちらの清水寺の境内にある桜が、日本で初めてお花見をした桜としても知られています。ある日天皇が、この桜をご覧になって、本当に見とれてしまうのです。それだけ美しかったのでしょうね。後年、この桜をご覧になるのが恒例になった例もあるほどです。それが地主神社に咲く、一本の大木の桜です。

 

 

 

今年も、元祖お花見桜をご覧にたくさんの方が訪れるはずです。混雑してでも、元祖お花見桜を見てみてください。きっと後悔はしませんよ!

 

出典:http://www.jishujinja.or.jp/jishu/shaden/index.html

 

・産寧坂

産寧坂といえば、清水寺に行くまでの石畳がつらなる情緒ある町並みが特徴の坂ですね。こちらの階段を皆さん見た事があるかもしれません。有名人やテレビで何度も何度も紹介されているスポットです。

 

 

もちろん、皆さん知っているスポットなのでたくさんの方が訪れます。京都観光に興味のない友人たちも「京都らしい石畳のところ歩きたい」というくらいには皆さん一度は行ってみたいスポットのようです。お土産はたくさんありますし、美味しい食べ物もたくさんございます。多少、賑わっていてもその賑わいも彩りのように感じますね。

 

 

 

 

せっかくですから、お祭り気分で楽しんでみてはいかがでしょうか?せっかく京都に来たのなら京都らしいスポットで存分に遊んでみてはいかがでしょうか?石畳の上に桜が待っている時もあるのがまた良いんですよね。せっかくですから下駄でカランコロンといい音をたてて歩きたいものですね。

 

 

・醍醐寺

京都の桜といえば、ここを思い浮かべる方も多いのでは?戦国時代の終わり、豊臣秀吉が天下一のお花見をした伝説のスポットです。このお花見のスケールは大きく、なんとわざわざ奈良県の吉野山から桜の木をもってきて醍醐寺に植えることから始め、着いてくるお連れの女の子、ほぼ全員に着物を着させ、必ずお色直しをさせたそうです。着物だけで現代でいう億というお金がふっとんだそうです。

 

 

 

秀吉の奥さんもたくさんいらっしゃって、誰が一番最初にその杯を貰うかで喧嘩がおきるなど様々な事件をもよんだ一大イベントでした。彼がこのお花見をしたすぐ直後に秀吉は伏見城にて亡くなってしまいます。

 

 

 

 

本当に、最後の最後、桜のようにパッと咲いて散って行ったんですね。そんな意味ではこの醍醐の桜はとても日本史にとって意味のあるイベントだったのかもしれません。そんな醍醐の花見が行われた醍醐寺は、今でも桜の名所として知られています。

 

出典:https://www.daigoji.or.jp/flowers/flowers_detail1.html

 

 

だからこそ、たくさんの人が訪れますがそれでも、秀吉が最後に夢見た醍醐の花見の桜、是非とも見ていただきたいと思っています。このたった一回の花見のために奈良県吉野から運んだ桜は今でも見事に咲いていますよ。

 

 

 

 

・天龍寺

天龍寺といえば、多くの方がお目当てにするのが「お庭」です。そのお庭をご覧になるとビックリすることがあります。春のあらではの光景を見ることができます。それは・・・桜でピンク色になった背景です。

 

 

 

こちらのお庭はお庭の後ろの背景が借景になっており、背景を借りてくるという手法が取られています。そして借りてくる景色というのが「嵐山」なのです。この嵐山が春になると桜が満開になりピンクになるのです。

 

 

 

 

そう、借景で借りて来た景色が嵐山ならば、自然と背景がピンク色になっていってしまっているのです。なかなかこんな贅沢できないですよね。満開の桜が背景で、世界遺産のお庭を堪能できるなんて。この風景を楽しめるのは4月の一定の期間だけですから、たくさんの方がこの景色をみるためにやってきます。

 

 

 

 

たくさんの方が訪れても、それでもやはり、背景がピンクの桜、そして世界遺産の庭という美しさは是非堪能して欲しい風景でもあります。

 

 

 

 

 - 嵐山観光