*

謎解きゲームのイベントは京都で楽しもう。2017年は博物館で謎解きをしよう。 「地獄絵の暗号」龍谷ミュージアムでスタート!

   

出典:https://www.blackcats-cube.com/event/地獄絵の暗号/

 

謎解きゲームが今、流行っていますよね。私も何度もチャレンジしています。でも一回もクリアしたことないんですけどね。一回くらいはクリアしてスッキリしたいなぁと思っています。そんな謎解きゲームなのですが、なんと今回は博物館で体験できるそうです。

 

 

 

それって、どんな謎解きゲームになるんだろう?と思いまして早速皆さんにお知らせしようかと思いました。

 

 

 

・謎解きゲームを京都の博物館で体験しよう。

謎解きゲームは、実際に部屋に入って少しずつ掲示物からヒントを得てどんどん先に進んで最後に答えを出していくゲームです。これが結構楽しくて、自分の足で集めたヒントをもとに謎を解いて行くとスゴい楽しいんですよ。

 

 

 

今回の会場はなんと、博物館です。博物館で開催というのはなかなか例が少ないのではないでしょうか?私も博物館でというのは体験したことがありません。ちょっとどんな感じになるのかやってみたく思います。

 

 

 

博物館をそのような形で歩き回るのはちょっといつもと違ってワクワクしそうですよね。こうした謎解きなどが好きな方は楽しめるのではないでしょうか?

 

 

 

・謎解きゲームの内容は?ストーリーは一体・・・。

謎解きゲームには、だいたいおおまかなストーリーがついています。これを見るのも結構楽しかったりします。自分はどうして謎を解かないといけないのだろうか。それまでのストーリーは?これ、気になってる方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

私は、結構このストーリーを読んで、面白そうだなぁ。これ行ってみたいな!となるので毎回楽しみなんですよね。どれも非日常を予感させてくれる設定だったりするので楽しいです。例えば、「銀行強盗」になってみたり、人狼村の住民になってみたりしていました。

 

 

 

やはりストーリーは大切ですよね。こちらの博物館で行う謎解きゲームは「地獄絵の暗号」というタイトルです。ストーリーはというと。

 

 

 

あなたは気がつくと見知らぬ部屋に居た。どうしてここにいるのか・・・?なぜここにいるのか・・・?そういったことがぼんやりとしていて思い出せない。戸惑うあなたの前に不思議な風袋の人物が現れた。

 

 

 

「お前はもう死んでいる。ここは魂が審判を受ける場所だ。今からお前がこれからどこへ行くかを審査する」

 

 

 

言われるがまま、あなたは案内された場所で審査を受けた。そこで受けた結果は何と「地獄行き」の通知。このままだと地獄行きが決定してしまう。果たしてあなたはこのまま地獄へ連れて行かれてしまうのか?それとも助かる方法があるのだろうか?

 

 

 

というストーリーです。簡単に言えば謎を解かないと地獄に落ちてしまうというストーリーですね。結構こういうストーリーがあることによってどうして謎を解かないといけないのか。解けないとどうなるかが分かるので、緊迫感とか緊張感が生まれますよね。

 

 

 

それにしても、博物館なのにいきなり地獄とはどういうことなのでしょうか?

 

 

 

・京都龍谷ミュージアムの展示「地獄絵ワンダーランド」とは?

実は、この謎解きゲームは龍谷ミュージアムの特別展「地獄絵ワンダーランド」という展示会の一環として行われるのです。この展示会はどんなものなのか。気になる方もいらっしゃるかと思うので簡単にご案内しておきますね。

 

 

 

特別展示「地獄絵ワンダーランド」は日本や世界の地獄を紹介するものです。悪いことをしたら地獄に落ちるっていいますけど、その地獄ってどんなところなのか、あまり知らないですよね。そんな地獄を絵画を中心にどんな世界なのかをご案内する展示会なのです。

 

 

 

何が面白いっていうと、これを描いた人は一度も地獄へ行ったことがないその時生きていた人たちです。昔の人たちは地獄がどんな場所なのか、懸命に知恵を働かせて描いてきました。時に怖くて、時にユーモラスな地獄を絵を通して知ることができます。

 

 

 

そして最後の方には、地獄へ落ちた後に待っているあこがれの浄土の世界も合わせてご案内してくれるそうです。天国、極楽とはどんなところなのでしょうか?私的にはとても楽しみな特別展なのです。

 

 

 

こういう異世界ってどんな世界なんだろ?というのを見れるというのはワクワクするんですよね。小さい頃から聞かされてきた地獄ってこんなところなんだと改めて知ることができるのが良いですよね。

 

 

 

謎解きも楽しいですが、地獄が本当はこんなところなんだ!と知るのも面白いですよ。謎解きゲームのヒントがこちらに隠れているかもしれません。じっくりじっくり見てみてはいかがでしょうか?

 

龍谷ミュージアム

「地獄絵の暗号」

日程:2017年11月3日(金)・4日(土)

時間:17:30〜20:00

料金:大人2500円・学生2100円

住所:京都府京都市下京区西中筋通正面下ル丸屋町117

 

 - 京都観光