*

仏像ワールドへようこそお越しくださいました 世界の仏像を京都で見る!

   

出典:http://museum.ryukoku.ac.jp

出典:http://museum.ryukoku.ac.jp

 

最近は若い方が寺院を巡る事も

多くなりました。

歴女や刀剣女子と呼ばれるような

歴史に興味を持ち、

現地に訪れる方がたくさんいらっしゃいます。

ココは一つ、お寺の

仏様に注目してみては

いかがでしょうか?

 

・仏像にも注目!?面白い仏様とは?

仏様といえば、インドから始まり

中国を渡り、日本へと渡来してきました。

そこから、奈良から京都へと

文化の中心が移っていきます。

その中で、京都にはたくさんの仏像が残されています。

それらを見るのも楽しいです。

絶対に楽しいです。

けれど、ここは一つ、インドに渡った後、

日本意外の仏教はどうなっていったのか。

日本を知る前に、世界を知ってみては

いかがでしょうか?

京都駅前にほど近い場所にある

「龍谷ミュージアム」では

10月10日(土)~12月20日(日)までの間

「アンコール・ワットへのみち 

ほとけたちと神々のほほえみ」という

企画展が開催されます。

海外の仏様を見た事がありますか?

見た事が無い!という方が大半ではないでしょうか。

であるならば、是非見てほしいです。

どうしてか?

それは、あまりにも日本と違い、

それが驚きに変わります。

まずアンコール朝時代のカンボジアの

仏様は、思っている仏様とは違います。

なんと、石で作られているのです。

そして、その石の石仏がとても精巧に作られていることに

驚きます。

え?これ本当に石で出てきるの?と声に出してしまいたくなるほどです。

それくらいなめらかな肌と、精巧で細やかな装飾に

驚きますよ!

そして、注目して欲しいのは

「口元」です。

この時代の仏様はそっと笑っているかのような

微妙に笑っているか口角がほんの少しだけ

あがっています。

これは、アジアの仏様の特徴です。

ヨーロッパの方の彫刻などには見られない特徴で、

これを見るとヨーロッパの方たちは

驚くそうです。

笑っている仏様をみると、なんだか

ホッとします。

もしかしたら、アンコール・ワットに訪れる方も

かすかに笑っている仏様をみて

ホッとしているのでしょうか?

そんな世界の様子まで分かる

龍谷ミュージアムへ訪れてみては

いかがでしょうか?

世界の仏様を見てから、日本の京都の

仏様を見てみるのも、面白いですよ。

 

日本の仏様ならオススメはこちら

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/post-737

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光