*

龍安寺の拝観時間はどれくらい? 京都に行く前に知っておきたい事。

   

http://www.ryoanji.jp/smph/garden/index.html

http://www.ryoanji.jp/smph/garden/index.html

 

龍安寺といえば、白い庭が

特徴ですよね。

でも、いざ、龍安寺に行こうと思ったら、

どれくらいの拝観時間になるの?

それが分からないと予定が

次の予定も・・・。

どれくらいの時間を確保しておけばいいのか

お伝えします。

 

・龍安寺の拝観時間は何分?

龍安寺はおおよそ入ってから

出てくるまでの拝観所要時間は

40分~60分くらいです。

普通のスピードで拝観すると

40分くらいです。

もし、白いお庭やその他の箇所を

ゆっくりと見ようと思ったら、

60分ほどのお時間をとれば、

じっくりと拝観することができると

思います。

 

龍安寺には特に時間をかけてでも

見て欲しいものがたくさんあります。

もちろん、白い庭です。

是非、ここに腰掛けてじっくりと

見て欲しいと思います。

どこを見て欲しいか。

まずは、庭を見る前に

その空間について見てみましょう。

白い庭の周りには、塀が巡らせられています。

ぐるーっと三方を囲まれています。

全て囲まれていると、圧迫感を

感じることが多いですが、

この白い庭に限っては、あまり

圧迫感を感じません。

どうしてでしょうか?

実は、この堀は、奥に行けばいくほど

堀の高さが低くなっているのです。

なので、遠近法でちょっとずつ

小さくなるので、

あまり圧迫感を与えず、

さらに、少し広く見えるというのです。

なので、三方に囲まれているのに、

あまり圧迫感を感じないのです。

 

さて、周りのお話が終わった所で、

メインのお庭を見てみましょう。

この白いお庭には、

白い砂と、いくつかの石が

置かれています。

どうして、このようなお庭が

出来上がったのか。

実は、禅宗のお寺では、

お庭を見ながら座禅を組む。

という修行があるのです。

その為に使用されるお庭です。

なので、修行しているお坊さんは、

この庭を見ながら、白い砂を

海や川に見立てて大自然の中で

修行していると捉えても良いし、

配置されている石や岩を

雲海にうかぶ山と捉えて、

仙人が住むような山奥で

修行していると瞑想してもいいのです。

様々なことに想像力を働かせ、

自分の内面と向き合う修行なのです。

そのため、曖昧でぼんやりとした

謎めいたお庭がいいのです。

未だに、龍安寺のお庭が

こうして謎に包まれているのには、

そうした秘密があったりするのです。

そう思いながら、見てみると、

あぁ、ここで座禅をくんで、

自分ならどう考えるかなーと思うと、

このお庭の本当の意味が分かるかもしれません。

このお庭の本当の答えは、座禅を組んで、

自分の内面と向きあわないと

出てこないのです。

そして、それは一人一人違うかもしれません。

そんな意味深いお庭をサッと流してしまうのは

もったいないです。

是非、10分くらいは、ぼんやりと

眺めて、目をつむって、

瞑想してみては

いかがでしょうか?

 

一緒にランチはいかがですか?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/ryouanji-t1-015120101

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光