*

京都の紅葉を雨でも楽しめるスポットってある? 2017年はココがオススメ!

   

出典:http://www.jissoin.com/info/

 

 

雨の日って足がずくずくになってイヤだなぁ。せっかくの旅行でオシャレしたのに濡れたくない。なんて思うことありますよね。例えば、お気に入りの靴に泥がぐっちょりついていたら、イヤじゃないですか?かといって出かけないでホテルでゆっくりというのも、もったいない。せっかく京都に来ているのですから紅葉を楽しむことができ、雨を気にしないでご覧になる事ができるスポットに行きませんか?

 

 

 

 

・京都の紅葉を雨でも楽しめるスポットは?

せっかくの京都旅行ですから、奇麗な紅葉をご覧になりたいですよね。私もせっかく出かけるなら、紅葉が奇麗なところに行きたいですね。せっかく一眼レフカメラを手に入れたので、奇麗な写真を撮りたいと思っています。

 

 

 

でも、雨が降ってしまったら台無しですよね。でも、雨が降ってしまっても大丈夫。安心してください。雨でも安心して紅葉を見ることができるスポットをご案内していきたいと思います。下記のリストが今回、ご案内させていただくスポットです。

 

 

 

大覚寺

実相院

源光庵

 

 

 

・京都の紅葉を雨でも楽しめるスポット大覚寺って?

大覚寺は格式の高いお寺として知られています。今回雨の日の観光ということで大覚寺を入れましたが、その理由は「格式の高さゆえ」です。え?どうして?どういうこと?なんてなりますね。

 

 

 

格式が高いというのは具体的には皇族の方、天皇の方がお坊さんになった時に入ることができるお寺ということです。つまり皇族の方を迎え入れられるほど体制が整っているということです。その一つがこれです。

 

 

 

高貴な方たちもいらっしゃるのですから、やはり雨の日でも濡れないようにしなければなりません。ということで大覚寺では全ての廊下という廊下が繋がっていて、どこからでも、どの建物にも行けるようになっているのです。さらにその廊下には必ず屋根がついてます。

 

 

これだけ設備が整っているからこそ、格式が高く皇族の方や貴族の方を迎えいれることができるのです。だからこそ、現代の私たちも雨の日でも雨に濡れずにその下を歩くことができるのです。嬉しいですよね。

 

 

 

なので、傘を横に持って歩くということがないので非常に楽です。やっぱり横に傘があると気になったりしてゆっくり見れなかったりしますからね。傘の心配をせずに全て廊下で繋がっている大覚寺でゆったりと京都を満喫してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

オススメは、大覚寺にある「大沢池」です。こちらの池には紅葉がたくさんあります。秋口になると徐々に色づきはじめ、真っ赤になった時に池をのぞくて反射して真っ赤な池になるのです。これがまた美しいのです。

 

 

 

もちろんその美しさは雨の日でも変わりません。屋根の下でその真っ赤な紅葉を是非楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

・京都の紅葉を雨でも楽しめるスポット源光庵って?

そして、「源光庵(げんこうあん)」というお寺も雨にはピッタリなんです。どうしてかというと、お寺の中から見る紅葉がスゴくスゴく有名だからです。こちらのお寺は、小さいながらも、紅葉の時期となると、たくさんの方がやってきます。

 

 

 

どの方も、お目当ては部屋の中から覗ける「窓」です。この窓が皆さんお目当てなんですね。一体どんな窓なのか・・・。というと「丸い」窓と「四角い」窓の二つがある窓なんです。

 

 

え?その窓って何かあるの?と思いますよね。そこまでしてたくさんの方が訪れる窓とは・・・。丸い窓と四角い窓にはそれぞれ「悟りの窓」「迷いの窓」と名付けられているのです。それぞれに仏教における悟りと迷いを表していると言われています。

 

 

 

丸い「悟りの窓」は迷いのない心を表していると言われています。どこにも角がない丸はどこともぶつからずまるく悟りをえている形なんだそうです。なので○は悟りの境地、目指すべき形なのだそうです。そして、この窓から見える景色もまた悟りの境地のように美しいです。

 

 

この窓から見える紅葉はとても奇麗です。なんとなくいつもより穏やかな気持ちで見れる気がしてきますよ。丸い窓で普段より小さく見えるはずなのに、見える範囲が限定されるかなのか、いつもより紅葉がはっきりとクローズアップされているような錯覚を受けるのが不思議です。

 

 

 

この迷いの窓と悟りの窓、二つの窓から見える紅葉は、お寺の中から見ることになるので雨でも全然平気なのです。ちなみに、悟りの窓と迷いの窓は、両方とも写真撮影可能となっていますので、雨の日でも気兼ねなくカメラを出すことができます。

 

 

 

三脚や一脚は立てられませんが、雨を気にすることなくカメラを出せるのは、カメラ好きにとっては嬉しい事かもしれませんね。

 

 

 

・京都の紅葉を雨でも楽しめるスポット実相院

雨が降っていても楽しむことができるスポットをご案内しているのですが、ここで一つ面白いスポットをご案内したいと思います。もちろん雨が降っても楽しむことができるスポットです。こちらのスポットでは、どちらかというと紅葉よりも、違うものに目がいってしまうという不思議なスポットなのです。

 

 

 

え?紅葉をメインで見に来てるのに、どうして違うものに目がいってしまうの?なんて私なら思ってしまいます。というのも、今回ご案内させていただく「実相院(じっそういん)」というお寺では、あるものが有名だからなのです。

 

 

 

そのあるものとは・・・「床」です。え?床!!?そんな床なんて別に珍しくないじゃん。と思うかもしれませんね。けれど、こちらの床はなんとツルツルでテカテカなんです。もうびっくりするくらいテカテカしており、徹底的に磨かれているんです。

 

出典:http://www.jissoin.com/info/

 

おかげで、美しいモミジが反射して床に紅葉が写っているんです。この「床モミジ」が有名でたくさんの方がこちらを訪れます。私も今年は行きたいと思っております。床モミジが有名なおかげで、こちらでは、モミジをご覧になるよりも床に目を落として、床をジッと見つめる方が多いようです。ここだけは、紅葉を直接ご覧にならないスポットです。

 

 

 

もちろん、こちらも床があるのはお寺の中ですし、雨は入ってきません。なので雨の日でもゆっくりと床モミジと紅葉を鑑賞することができます。ご安心ください。

 

 

 

 - 京都観光, 紅葉