*

日本の京都の嵐山にある観光名所が 海外で驚きの反応が!!

   

京都の嵐山は日本の中でも

観光する方が多く訪れます。

それは、海外の方も同じです。

そんな中、嵐山にある「あるモノ」を

海外の方に見せると凄い驚かれるそうです。

一体、何を見せるとそんなに驚くのでしょうか?

 

・嵐山にある「あるモノ」って?

これをみせればスゴい海外の人が驚くモノって

なんなのでしょうか?

答えは嵐山にある「天龍寺」にあります。

室町幕府将軍が作ったこのお寺には

景勝地第一号に指定されたお庭が

残っているのです。

それが、「あるモノ」の正体です。

 

・なぜ「庭」で驚くのか

でもどうして、海外の方が

日本の天龍寺のお庭を見て驚くのでしょうか?

だって、どう見ても普通のお庭なのに。

と、日本の方は思うかもしれません。

けれど、海外の方からしたら、それは

「Amazing」な事なんです。

どうしてかって?

それは、日本のお庭はそれぞれ違った

ストーリーがあるからなんです。

 

・日本の庭に隠されたストーリーとは?

海外のお庭は、一目で人の手が

入っていると分かります。

日本のお庭は、まるで自然そのままを

持ってきたようなお庭です。

まるで正反対。

そこにまず驚きます。

 

そして、もう一つ、日本の庭には

ストーリーがあるのです。

例えば、天龍寺のお庭には、

成長する姿が描かれているのです。

「え?そんなストーリーがあるの?」

と、日本人の私たちも驚いてしますよね。

天龍寺のお庭の奥に注目してください。

 

お庭の奥にあるストーリーとは?

天龍寺のお庭の奥には滝があります。

その滝の真下にある岩に注目!

え?岩?なんの変哲も無い岩だけど。

と思うかもしれません。

実はこれこそが成長をしていくという

ストーリーが隠されているのです。

 

岩に隠されたメッセージ

実は、滝の真下にある岩は

鯉を表現しており、

滝を登っていく姿を表しているのです。

そう、有名な鯉が滝を昇ると

龍に成長するというお話です。

天龍寺のお庭はそれを表現していたのですね。

 

海外の方の反応は?

このことを海外の方にいうと

「嘘だ!」「信じられない」なんて

言葉をいただきます。

それもそうですよね。

でも、日本人の方なら、「なるほどね」なんて

思うかもしれません。

 

日本では、岩なんかを何かに置き換える

ということはよくあります。

海外の方はそれが驚きと新鮮に感じるようです。

確かに、岩が鯉だよ。

何て言ったら、驚かれるかもしれません。

 

・そんな天龍寺への行き方は?

そんな海外の方も驚くお庭がある

天龍寺へはどうやって行けばいいのでしょうか?

京都駅からは、JR嵯峨野線で行く事が出来ます。

京都駅から31番線・32番線・33番線のあるホームへ。

そこからJR嵯峨野線に乗り込み

嵯峨嵐山駅で下車します。

そこから徒歩で10分ほどで天龍寺にたどり着きます。

 

えぇ、そんなの覚えるの面倒だなぁと

思う方は、海外の方もよく使われる

タクシーをご利用ください。

運転手に「天龍寺へ」と

おっしゃっていただくだけで、

天龍寺までお連れ致します。

h26122001

観光地先で、
運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

h26122002

 - 嵐山観光