*

蛍を京都で見るなら下鴨神社が おすすめな理由3つ

   

参考:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/saijik.html

参考:http://www.shimogamo-jinja.or.jp/saijik.html

 

京都は政令指定都市ですが、

自然が多く残り、蛍も生息しています。

そこで、蛍を見たい!

と思っていらっしゃる方には、

下鴨神社をおすすめしています。

それには、3つの理由があります。

今回は、その3つの理由をご案内足します。

 

・京都で蛍を見るなら下鴨神社が良い3つの理由

京都で蛍を見るスポットがいくつか

ありますが、その中でも、どうして

下鴨神社がおすすめなのか。

それは、次の3つの理由があるからです。

 

1つ、世界遺産という立地で見られること。

1つ、糺の森(ただすのもり)という豊かな自然があること。

1つ、蛍を見る為の会があること。

 

この3つです。

では、それぞれの理由を見てみましょう。

 

世界遺産という立地で見られること

下鴨神社は世界遺産に認定されています。

豊かな自然と、古来からの信仰の場として

存在していました。

神秘的で、歩くだけで背筋が自然と

ピンとなりそうな雰囲気があります。

そうした場所で蛍を見られる機会は

そう多くはありません。

特に、面白い!と思えるのは、

観光客が多い昼間ではなく、

夜になってから入ることです。

昼間とは、一味違った風景が広がっています。

夜だと、よりいっそう、神秘性が

増しているように思えます。

また、静かに拝観したい。

という方にも、おすすめです。

 

2つ目の理由

糺の森という豊かな自然があること

下鴨神社は糺の森という古来の姿から

変わらずに存在している森があります。

今では珍しい動植物が存在しており、

豊かな生態系を保っているそうです。

なので、普通は山や都市部から離れた場所に

行かなければ見られない蛍が

見られるわけなんです。

ですから、ちょっと足を伸ばした先に、

蛍がいるような生態系が豊かな森がある

下鴨神社をおすすめいたします。

 

3つ目の理由

蛍を見る為の会があること

実は、下鴨神社では、毎年

蛍が飛び始めるこの時期に

糺の森では、

「蛍火の茶会」が開催されます。

2015年は6月14日(日)に行われます。

この日、19:50頃から

糺の森で蛍を600匹を放すそうです。

これだけの蛍がいっぺんに集まったら、

幻想的ですよね。

しかも、場所が神秘的な雰囲気漂う

下鴨神社の境内です。

ちかちかと点滅しながらほわほわ~と

飛んでいく蛍を見ながら心癒されてみては

いかがでしょうか?

最近、ストレスがたまっていやでいやで

仕方ない方に、是非おすすめしたいスポットです。

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光