*

まだまだ桜は見れる! 4月の京都、遅咲きの桜はこちらだ!

   

 

 

京都では御室の仁和寺が咲いたら京都の桜は全て終わりだ。なんて言われています。私は埼玉出身なので京都に引っ越してきてから初めて聞きました。へぇ~京都の人はお寺の桜を指標にしているんだなーなんて思っていました。

 

 

 

 

でも、御室の桜が散ってしまった後でも桜が咲いているスポットはまだまだあります。もちろん数は少ないかもしれません。でも御室の桜が最後というわけではないので、まだまだ大丈夫です!御室の桜が散ってしまった後でも楽しめる桜を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

・まだまだ楽しめる北には桜がまだあるぞ!

御室の桜も散りかけて、もう京都の桜は終わりだなーなんて思わないでください。大丈夫です。まだまだ桜が咲いているスポットはあります。

 

 

 

例えば、「鞍馬寺」なんていかがでしょうか?京都の北にあるお寺で、かの「源義経」が幼少期にこちらで過ごし、天狗に法力を習ったと言われていました。それくらい山奥で神秘的で不思議な気持ちになる空間なのです。

 

 

こちらの鞍馬寺は山あいに位置しており、気温が上がりにくい冬場は寒いということもあって桜が咲くのが遅いのです。下手をしたら御室の仁和寺の桜よりも遅く咲きます。そして結構気温が低いところなので、咲いている時間が長いのです。今週末くらいまでは咲いているのではないでしょうか?

 

 

 

ですので、御室の桜が終わってしまった今でも、鞍馬寺なら楽しめるかもしれません。最後の桜が終わってしまっても諦めないでくださいね。

 

 

 

・小さい所もまだまだあります。

鞍馬寺という北のスポットがまだ咲いているというのがあります。でもせっかくですからもう少し嵐山の近くでみたいな!という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には近所で見かけたまだ咲いている桜をご案内します。

 

 

 

一条山越えという交差点が広沢池の近くにございます。こちらの角に立つ桜がまだ咲いています。毎朝、毎晩通るたびに「まだ咲いていて奇麗だなー」なんて思っております。奇麗なしだれ桜です。しだれ桜が見たいという方は是非、こちらに行ってみてはいかがでしょうか?一本だけではなく二本あるので、しだれ桜を二倍で楽しめます。

 

 

 

他にもこちらの福王子の交差点までの道に桜がまだポツポツと咲いています。少しだけ標高が高いのでまだまだ冷えているので咲いているのでしょう。もし桜を嵐山の近くでお探しの方は宇多野や福王子を目指してみてください。桜がポツポツと咲いています。

 

 

 

・少し遠いけど奇麗な八重桜が見られます。

また少し離れますが、北山にも奇麗な八重桜が見られるスポットがあります。北山堀川から少し鴨川沿いに北山通を進むと「石井神社」という神社があります。こちらは小さな神社なのですが、小さな神社の境内には見事な八重桜が咲いています。

 

 

 

奇麗な八重桜をご覧になりたいという方は石井神社を目指してみてはいかがでしょうか?こちらの石井神社は伏見稲荷大社にあった石井稲荷大神の塚をこちらの場所に移したのが始まりだと言われています。

 

 

 

つまりは、最初は伏見稲荷大社にあった神社なのです。その神社が明治時代に移されました。境内には稲荷大社を象徴する狐が御鎮座しております。地元の方から愛される神社で地元の方がよく訪れていらっしゃいます。

 

 

 

今頃、八重桜が奇麗ですから地元の方もご覧になっていらっしゃるのかもしれませんね。

 

 

 

 - 京都観光