*

京都観光3月は混雑しない様に名所を回らない旅にしませんか? メリットは3つあります。

   

京都観光3月は混雑しない名所を回らない旅にするとメリットが3つあります。そのメリットをご案内します。せっかくの旅行ですから最大限楽しみたいですよね。そこで混雑しない、名所ではないスポットに出かけてみませんか?そこには、メリットもあります。それをご案内しながら、見て行きましょう。

 

 

 

・名所を回らない観光のメリットとは?

京都観光に3月に訪れようと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?梅も咲き、そろそろ桜が咲いて来てそして暖かくなってくる。少しずつ足が軽くなっていく感じがしますよね。少しずつ京都に訪れる方が増えてくるのが分かるのが3月という季節です。

 

 

つまり、少しずつ京都の観光スポットが混雑してくる時期でもあります。そこでここはあえて名所と呼ばれるスポットを観光しないで普段は巡らないであろうスポットに足を向けてみるのはいかがでしょうか?そうすることで得られるメリットもございます。

 

 

 

例えば、一つに混雑を避けることができるというものがあります。混雑することが日常茶飯事な京都において混雑をしない、並ばず人ごみの中で観光をしないというのはとても大きなメリットです。例えば、静かに拝観したいのに他の方がたくさんいらっしゃって、気分にひたることができないというのはあまりよくないですよね。せっかく京都に来たのにそれはもったいないです。ですから、ゆっくりと拝観できる混雑しないスポットを選ぶメリットはあると思います。

 

 

他にも、新しい京都を発見できるというものがあります。名所ばかりを巡るのも良いですが、それではパッケージされた京都を見ているだけです。もう少しディープに京都を楽しんでみませんか?例えば、嵐山でも天龍寺や竹林以外にも隠れたスポットはたくさんあります。それ以外にもたくさんスポットはあります。そこは地元に愛されるスポットであったり、歴史が古く由緒正しい神社だったり、意外な発見をすることができます。よりディープに京都を楽しんでみませんか?

 

 

 

もしかしたらその名所から少し外れたスポットは名所の一部だったかもしれません。これからご案内するスポットは、その昔、名所の一部でした。しかし火事や地震などで境内が縮小し離れ小島のようにそのスポットの一部に。そこから独立して単独のお寺や神社になったスポットが山ほどあります。そうしたスポットに行くのも歴史を見ている様でとても楽しいですよ。違う視点からそのスポットを見れるかもしれません。新しい知識が手に入ってワクワクしますよ。そのスポットの本当の実体を知るきっかけになるかもしれませんね。

 

 

 

次の項目では、その具体的なスポットをご案内していきたいと思います。

 

 

 

・名所を回らないスポットはどこ?

嵐山エリアなら御髪神社、車折神社、鹿王院というスポットをご案内させていただきます。

 

 

 

御髪神社

あまり聞いたことがない神社の名前かもしれません。こちらの神社は日本中探してもなかなか見つからない髪にご利益がある神社です。日本で初めて理髪店を始めた方を神様としてお祀りされているそうです。そうした関係で美容院や理髪店などからの信仰が厚く、今でも熱心にお参りされていらっしゃる方も多いとか。

 

 

 

天龍寺や竹林と比べるとあまり知られてはいませんが、それでも一部の方にはとても関心があるお話ですよね。女性の方も参拝者も年々じわじわと増えています。私も御髪神社はどこですか?と尋ねられる回数が数年前よりも増えたと感じています。少しずつメジャーになってきている神社です。

 

 

 

髪に良いというので女性の方の参拝者がとても多いようです。ツヤツヤになりたいとかサラサラとした髪質になりたいなどのお願い事をされている方が多いようです。髪をおさめたりしてお願い事をする方も多いようです。

 

 

 

車折神社

車折神社という文字を見て読み方が分かる方は少ないかもしれません。この神社は「くるまざきじんじゃ」と読みます。そんなすぐに読めないですよね。これにはエピソードがあり、平安時代に天皇がこの近くに御幸した時の事です。この神社の前で天皇が乗られた牛車が止まり、車が折れてしまうという事件がおきました。牛は立ち止まり、どうしても動くことがなかったそうです。

 

 

なので、天皇はこの地に何かあるのかと聞いて見ると、ここは清少納言で有名な清和源氏の神社であったそうです。そこで天皇が「車折」という名前を差し上げたそうです。そうすると車がすっかり動き、牛もすっかり機嫌をなおしたそうです。

 

 

 

小さな神社ではありますが、天皇に名前を授けられたという歴史があり、さらにその歴史は平安時代まで遡ることができるというのがスゴいですよね。こうした静かに参拝できる神社でも歴史が深かったり、スゴいエピソードがあったりするのが楽しいですよね。

 

 

 

鹿王院

こちらのお寺は嵐山から少し離れた地にあります。車折神社のすぐ近くにあります。こちらのお寺は鹿王院という名前ですがその昔、このお寺はある大きなお寺の一部でした。そう、それは「天龍寺」というお寺の一部だったのです。

 

 

天龍寺というと、今でもかなり広い大きなお寺として知られています。しかし、それでも一番大きかった頃と比べると半分以下の大きさでしかないのです。鹿王院が天龍寺の境内の一部だったのですから、その範囲はかなり広大です。鹿王院からはそんな事が分かったりします。これは天龍寺だけみていたら分からなかった真実ですよね。

 

 

 

天龍寺はお庭が有名ですが、鹿王院もお庭が奇麗なのです。水の流れを砂で再現する枯山水の庭で、見ていると心から落ち着くような気持ちにさせてくれます。また紅葉も美しいと評判で、地元の方を中心に秋にとても賑わうそうです。こうした地元のディープな京都を知って見るのも、面白い旅になるかもしれませんね。

 

 

 

 - 嵐山観光