*

京都が暑くて良かった! 暑いからこそ行きたいスポット5つ!

   

 

連日、暑い日が続いています。京都も連日暑いです。これだけ暑いと旅行で歩き回るのも一苦労です。

 

 

 

いやいや、でもちょっと待って下さい。暑くて良かった!と思えることもたくさんありますよ。本日は暑くて良かった!暑いからこそ楽しい!と思えるスポットをいくつかご案内したいと思います。

 

 

 

・嵐山にある竹林が暑い日にオススメなワケ!

竹林といえば、ピンと来る方もいらっしゃるかもしれません。京都には竹林の小径というスポットがあります。こちらは、嵐山にあるスポットで、海外から来られる方からも人気を集めています。特に夏になればなるほど人気になっていく不思議なスポットです。

 

 

え?どうしてかって?なんといってもこの竹林の小径は「気温が違うんです!」中に入るとどこも日陰だらけで涼しいんです!そりゃあ、夏に人気のスポットになるよね!というくらいには、気温が下がります。

 

 

 

2℃~3℃ほどは違うというくらいですね。暑い夏で2~3℃違うというのは、良いスポットですよね。嵐山に来られた多くの方が竹林の小径に行きたがるのは納得いきますね。

 

 

 

・京都の出町柳が暑い日にオススメできる衝撃のワケとは?

さて、次にご案内したのは隠れた名所「出町柳」です。ここでは出町柳のことを「京阪出町柳駅」周辺ということにさせていただきます。この京阪出町柳駅近くがどうして夏にオススメなのか。ということをしっかりとお伝えしていきたいと思います。

 

 

この出町柳駅は、地理的にとても面白いところにあるのです。それは高野川という川と鴨川という川の二つの川の合流地点にこの出町柳はあるのです。つまり、一方の川ともう一方の川が合体する地点と言った方が良いでしょうか。

 

 

 

この出町柳の三角州の部分では、川に浸かることができるんです。たとえどんな暑い日でも足もとはひんやり!自然のクーラーとでも言うべき涼しさです。

 

 

 

もし、来られる際にはズボンやスカート、お子さんは濡れても大丈夫な格好でお越し下さい。せっかく冷たくて気持ちの良いところがあるんですから、足を浸からないともったいないですよ。

 

 

 

・貴船の床は凍るほど涼しい?

床というと、三条から五条までの間に夏の間もうけられた川床のことを思い浮かべる方も多いかと思います。私も、最初に京都で床と言われると、こちらが出てきます。夏にピッタリですよね。下に川が流れているので、冷たい風が吹き抜けて、さらに外で雰囲気も京都らしくて素敵なところです。

 

 

しかし、私が言いたいのはこちらの床のことではありません。実はもう一つ「床」と呼ばれるスポットが京都にはございます。それが「貴船の川床」です。貴船というと京都市左京区にあるスポットで、貴船神社という神社がとても有名ですね。

 

 

 

この貴船という土地は川と共にあります。貴船神社の近くにも川が流れています。この川の上に床をつくり夏の間だけ営業しているのです。すぐ下が川ということもあって、すごく川の音が聞こえ、さらに冷気が入ってきて、もう下界とは5℃から7℃くらいは違います。

 

 

 

むしろ、ここにいると少し肌寒さを感じるほどです。それくらいに涼しくて冷房いらずなのです。京都の外で冷房いらずと言えるスポットはなかなかありません。それだけでも体験する価値がありますよ!

 

 

 

ちなみに、私はここでそうめんをいただきましたが、冷えていてとても美味しかったです。風情もあり、とても京都らしいところであるので、オススメですよ。

 

 

 

・京都大原は夏にピッタリ!隠居の地で涼しくのんびりしよう

大原という土地をご存知ですか?大原は京都の左京区にあります。大原は昔から隠れ里として有名でたくさんの京都の方がここに隠居の地を構えたことでも知られています。現在でも京都の原風景が残り、良い意味で住んでみたい田舎の景色というものが広がっています。

 

 

こちらは、山を少し隔てています。そのため気温が京都の中心部に比べて3℃も4℃も落ちてぐっと涼しい風が吹いてきます。これがまた気持ちいいのです。たまらないですよ。

 

 

 

また自然がたくさん残っているところも素晴らしいですね。大原三千院という歴史あるお寺も残されており、その中でも特に来迎院(らいごういん)に注目して欲しいですね。この来迎院は初めてお経の「声」に注目したお寺として有名です。

 

 

 

比叡山を中興した円仁(えんにん)というお坊さんは中国からお経を読む時の抑揚やメロディーを初めて取り入れました。それを教え伝えるためのお寺をここ大原に建てたのが来迎院の始まりだと言われています。

 

 

 

つまり、メロディーや抑揚というと歌ですよね。それを教え伝えるところとしてカラオケのようなものでしょうか。このお寺は日本のカラオケ発祥の地のようなものなのです。静かな里山には声がよく響きます。ある意味ではそれがちょうど良かったのかもしれません。カラオケが伝えられ、京都の中でもお経の響きがとても良い、上手とされています。

 

 

 

もし、運良く大原の来迎院で聞くことがあれば、是非日本初のカラオケをご覧になってみてください。ちなみに、毎週日曜日にはほぼ必ずその声を聞くことができるそうです。

 

 

 

・京都の密かなブームかき氷を思い切り食べよう

京都の中でも密かなブームなのが「かき氷」です。このかき氷を食べずして京都で涼んだ事にはなりませんよ!それくらいオススメしたいのです。是非皆さんに食べていただきたいです。

 

 

その中でも、私が注目しているかき氷があります。それが北野天満宮の近くに位置する「古の花(このはな)」というお店です。こちらは外観は伝統的な京都の家屋ですが、その中で販売されているかき氷は、最先端。

 

 

 

その中でもオススメしたいのが「キウイ」です。実は私とってもキウイが好きなんです。あの酸っぱさとジューシーな果肉がすごく好きなんですが、それがそのままかき氷になったのです。キウイの果汁をたっぷりと贅沢に使い冷たい氷との相性も最高です。

 

 

 

キウイのかき氷は700円です。食べようと訪れる方は後を絶ちません。それはある意味では美味しさの証明でもあります。私もまだ食べた事はないのですが、是非近日中に食べにお伺いしたいところですね。

 - 京都観光