*

嵐山の灯籠流しが2017年のお盆の フィナーレにふさわしい理由とは?

   

http://www.geocities.jp/butto_renmei/access.html

 

 

嵐山といえば、京都の中でも風光明媚な景色などを楽しめる観光スポットですね。お盆でもたくさんの方が訪れます。そんなお盆の時期に嵐山では、お盆のフィナーレが行われます。これがまた幻想的でまさにフィナーレに相応しい出来になっているのです。

 

 

 

特にご家族で来られている方にオススメしたいです。夏休みの思い出作りの一助にして欲しいほど魅力があるのです。せっかくですから、そのオススメの理由をお伝えさせていただきます。

 

 

 

・嵐山がお盆のフィナーレに相応しい3つの理由

嵐山の土地がどうして、お盆のフィナーレに相応しいのか、今から簡単にご案内させていただきますね。

 

 

 

まず、理由その1です。

 

 

 

このお盆の時期にわざわざ嵐山を選ぶべき理由があります。それが「五山の送り火」をご覧になることができるからです。嵐山の渡月橋からは、鳥居形を拝する事ができます。これはお盆のフィナーレを飾るのに相応しいと思っています。

 

 

五山の送り火は、お盆の最後である8月16日(水)に行われる行事です。このお盆のフィナーレに合わせて行われるのです。五山の送り火はご先祖様がお盆を楽しんだ後に、冥界、あの世に無事に帰れるように送ってあげるという意味があるそうです。

 

 

 

それぞれの細かい意味などは、諸説たくさんあるようですがその中でも嵐山では「鳥居形」をご覧になることができます。鳥居形は分かりやすいですよね。鳥居が描かれているので、意味ははっきりと分かりますよね。ここが聖域の入り口だと表すのが鳥居です。

 

 

 

それが、描かれているのですから、五山の送り火が聖域として表しているか、ここからが生者とあの世を結ぶ入り口かを表しています。そのシンボルとなるのが「鳥居形」なのです。

 

 

 

他にも、帰ってきたご先祖様を運ぶとされる船形なんという分かりやすい形のもあるそうです。こちらも注目ですよね。絵なのでとても分かりやすく親しみやすいですよね。

 

 

 

期間

8月16日(水)

時間

20時から順次点火

20:00「大文字」

20:05「妙法」

20:10「船形」

20:15「左大文字」

20:20「鳥居形」

 

 

・嵐山で過ごすお盆が良い理由2つめ!

五山の送り火が理由の一つがありますが、次の理由はこちらです。外にいるのに、気温がみるみる下がっていて、普通のところよりも2℃も3℃も違うのです。外にいてこんなに涼しさを感じるところが嵐山にあるのです。

 

 

 

それが「竹林」です。そう嵐山のスポットとして知られていますね。この竹林。実は入ると竹林の竹をすごく楽しめるスポットとして知られていますが、実は気温がグッと下がるスポットとしても知られているのです。

 

 

これが結構すごくてですね。一度入ると少し涼しいなーと思うところからして100mくらい歩くと「おっ、まるで違うな!」というくらいには変わるのです。これは夏に行ってみないと分からないことかと思います。うっそうとおいしげっていますので、日陰などがたくさん作られて涼しいほかに、竹もひんやりとしているので、涼しい風が通りぬけるというのもあるのかもしれません。

 

 

 

お盆といえば、夏の最盛期のような時期です。そんなドッグデイズには涼しいひんやりとした竹林の小径がピッタリですね。

 

 

・嵐山で過ごすお盆が良い理由3つめ!

そして、これが特にオススメしたいことです。8月16日(水)に五山の送り火と同じ日に行われる行事です。

 

 

 

この行事で嵐山に流れる桂川全体がぼんやりと明かりにつつまれ幻想的な空間へと早変わりします。というのも、この日、「嵐山灯籠流し」が行われます。

 

http://www.geocities.jp/butto_renmei/access.html

 

 

 

8月16日(水)日没19:00~21:00までの時間帯に灯籠を流し桂川を彩ります。たくさんの灯籠がゆっくりと川を流れて行く姿は幻想的で、素敵なお盆の光景ですよね。また、この日に合わせて五山の送り火が行われます。

 

 

 

上を見上げれば、鳥居形が見え、眼下には灯籠が流されてぼんやりと明るい。こういう光景が広がるのは、京都の中でも嵐山のみとなっていきます。それだけに、ここをオススメしたいのです。

 

出典:http://www.geocities.jp/butto_renmei/access.html

 

 

お子さんと一緒に灯籠流しに参加すれば、きっと良い旅の思い出ができるかもしれません。自分のお子さんもご先祖様を大切にしてくださるように育って欲しいですよね。

 

幻想的なシーンに癒されつつ、鳥居形の五山の送り火も合わせてお楽しみになってみては?

 

 

 

嵐山灯籠流し

期間:8月16日(水)

時間:19:00〜21:00

場所:嵐山中の島公園

費用:灯籠流し一基1000円

 

 

いかがでしたでしょうか?お盆のフィナーレには嵐山がピッタリというのが少しでも伝わりましたでしょうか?

 

 

 

嵐山タクシーのオススメ度 4/5

ご家族でオススメ度4/5

混雑度 2/5

 

 

 - 嵐山観光