*

5月の京都は見どころ満載の 世界遺産の神社、下鴨神社へ行こう!

   

5月は、新緑の季節です。

そんな時期におすすめなのが、

絶対に「スゴい!」と言ってしまう

驚きのイベントをご紹介します。

 

・5月の京都の見どころはコレだ!

5月の京都のおすすめは、

世界遺産の神社の

「下鴨神社(しもがもじんじゃ)」です。

この下鴨神社に5月3日(日)の

14:00に訪れてください。

そこでは、絶対に「スゴい!」と

言ってしまう驚きの光景が広がっています。

 

驚きの光景とは?

その驚きの光景とは

下鴨神社に広がる森を

本物の馬が全力で走りぬけます。

それだけではありません!

なんと、その全力で走り抜ける馬上から

弓を引き、的を打ち抜くのです!

そうです!

流鏑馬(やぶさめ)が行われるのです。

この流鏑馬は

馬が500mを疾走します。

乗馬する方は、公家風の衣装を身につけ、

馬上から3つの的を射抜くのです。

話すと、「へェ~そうなんだ」という

感想だと思いますが、

実際に見てみたら、

絶対に「スゴい!」と

言ってしまうでしょう。

 

・京都の世界遺産の神社でなんで流鏑馬?

しかし、何故、5月3日(日)に

流鏑馬が行われるのでしょうか?

しかも、森の中で。

その答えは、1000年以上続けられてきた

お祭りにあります。

 

1000年以上続いてきたお祭りとは?

そのお祭りとは、京都三代祭りの一つ

「葵祭(あおいまつり)」です。

5月15日(金)に

平安時代の装束を来て、京都の街を

練り歩く葵祭の前の儀式として

流鏑馬が行われているのです。

 

なんと、あんな絶対に「スゴい」と

言ってしまうような流鏑馬が

葵祭の前のお祭りだなんて

信じられませんよね。

流鏑馬の理由が分かった所で、

14:00というお昼時に開催される

流鏑馬に合わせて下鴨神社で

食べておきたい下鴨神社発祥の

和菓子をご紹介します。

 

・世界遺産下鴨神社発祥の和菓子とは?

それは、皆が知っているあの和菓子です。

あの甘いタレにもちもちの団子がからんで

とっても美味しい「みたらし団子」です。

え?下鴨神社が発祥の地なの?と

驚きますよね。

流鏑馬が行われている森にながれる

「御手洗川(みたらしがわ)」に湧き出る

泡をモチーフにみたらし団子が作られたそうです。

なんとも、不思議な感じがしますが、

せっかく発祥の地なので、

是非、みたらし団子を食べてみてください。

 

・京都駅から下鴨神社へのアクセス

そんな下鴨神社までのアクセスは

京都駅から市バスかタクシーで

向かうことができます。

 

・京都駅から下鴨神社まで市バスでのアクセス

市バスならば、

京都駅のバス乗り場から

市バス205系統へお乗り下さい。

おおよそ30分ほどで新葵橋という停留所へ

着きます。

そこから歩いて5分ほどで下鴨神社へ

たどり着きます。

 

・京都駅から下鴨神社までタクシーでのアクセス

タクシーがいい。

そう思った方は、京都駅から

タクシー乗り場でタクシーに乗り、

「下鴨神社へ」と一言お願いします。

下鴨神社に着くまでの25分間の間に

車窓をご覧になっていてください。

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光