*

嵐山の竹林の小径に夜行きたい! ライトアップなどはしているの?

   

嵐山を歩いていると、多くの方に声をかけられます。多くは道を尋ねてきます。だいたいが「バンブーフォレスト」というところを探していました。

 

 

 

そう、「竹林の小径」ですね。嵐山の名所として知られていますが、皆さんはご存知でしたでしょうか?もちろん知っているという方もいらっしゃると思います。本日は尋ねられることも多い竹林の小径についてご案内したいと思っています。

 

 

 

・竹林の小径のアクセスは地図を使ってご案内します

私が嵐山を歩いているとよく海外の方に道を尋ねられます。おそらくはスーツを着ているので、ある程度尋ねるにふさわしいと思ってくださっているのでしょう。私としては英語や中国語ができないので、嬉しい反面、戸惑うことも多いです。

 

 

 

ただ、不思議なことにどんな国籍の方でも8割の方が「バンブーフォレスト」を探していらっしゃるのです。あとの2割は「JRステーション」です。これには私も驚きました。嵐山には多くの観光名所が揃っています。世界遺産の「天龍寺」という大きなお寺だってあります。嵐山のシンボルである渡月橋だってあります。

 

 

 

それでも、多くの方が「バンブーフォレスト」という言葉を発するのはずっと不思議に思っています。それだけ魅力があるということなのでしょう。

 

 

 

さて、竹林の小径がどこにあるのかということですが、簡単に地図でご案内します。

 

 

これを見ていただければ分かりますが、竹林の小径はJRから歩いて10分ほどのところにございます。長辻通りを進んだ先にあります。入り口はバス停があり、石塔がたっています。少々見つけづらいところにあるので、よく道を聞かれるのかもしれませんね。グーグルマップなどで道を探したい場合は竹林の小径の中にある「野宮神社(ののみやじんじゃ)」という神社を検索し、そこを目指して進むとスムーズにたどり着けることかと存じます。

 

 

竹林の小径は初めて来られた方にとっては少し不親切なところにあるかもしれません。ただ今回の事で少しでも皆さんが迷わないでいただけるなら嬉しいです。

 

 

 

・竹林の小径の時間は?

さて竹林の小径の道も少し分かってきたら、次は時間が気になるかもしれません。竹林の小径が見られる時間というのを気にされることかと思います。

 

 

 

コレに関してはすぐにお答えを出します。「24時間」見ることができます。ただしオススメの時間、オススメできない時間というのがあります。それが今回のタイトルになっている「夜にも見ることができるのか」という疑問にお答えすることになるかと思います。

 

 

 

オススメの時間は早朝06:00~10:00頃になります。この時間は観光される方も少なくゆっくりと拝観することができます。やはりこうした景色をご覧になりたいところでは、人があまり居ない方が写真なども取りやすいですし、いろいろとのんびりと歩ける方がいいですからね。

 

 

 

私は、一度早起きをして7時頃に訪れたことがありますが、あまり人がおらず静かで、少し朝もやがかかっていることもあって、幻想的な雰囲気がしました。それがまたなんともたまらない風景に見せていました。

 

 

 

何度も、訪れたことがある竹林の小径でしたが、朝はちょっと雰囲気が違い落ち着ける空間だったかと思います。だからこそ、朝の早い時間帯をオススメいたします。

 

 

 

逆にオススメできない時間帯は「夜」です。これはまた次の項目でご案内させていただきます。

 

 

 

・竹林の小径は夜でも見ることができるの?

結論だけいうと夜でも見ることはできます。ただ、オススメは致しません。というのには明確な理由があります。

 

 

 

まず一つに夜に楽しめるほど「明るくない」ということです。日没を過ぎるとどんどんと暗くなっていきます。上からの光が届きにくいのです。月明かりでさえも、あまり通しません。そして照明などは最低限しかありませんので、当然とても暗くなっていきます。

 

 

 

歴史景観保存地区になっていますので、あまり近代的な建物も民家も少ないのです。だからこそ、暗くうっそうとしていて、夜は明るくなく怖いくらいです。なので夜に行くことはオススメいたしません。

 

 

 

ただ、一年を通して竹林の小径が夜オススメしたい日があります。それが毎年12月に行われる嵐山のライトアップの期間です。必ずと言っていいほど竹林の小径はライトアップされます。この期間は本当に奇麗で幻想的な空間になります。あまり暗くなくライトアップにほどよい明るさで楽しいです。少し寒い季節になりますが、足を運ぶ価値はありますよ!

 

 

 - 嵐山観光