*

京都広隆寺は、仏像の宝庫? アクセスと見どころをご紹介します。

   

広隆寺は、仏像が有名です。

なんと、国宝第一号の仏像が

がこのお寺にあるのです。

そんな広隆寺では、どこを

どう見たらいいのでしょうか?

今回は、広隆寺の魅力について

ご案内致します。

 

・広隆寺の仏像の魅力は「手」?

広隆寺に御安置されている

仏様の中で、よく知られているのが

「弥勒菩薩像(みろくぼさつぞう)」です。

歴史の教科書にも出てくる程で、

意外と皆さん「あっ、見た事ある!」と

なるかもしれません。

弥勒様が台座にゆったりと腰掛け、

物憂げに考え事をしている様に見えます。

そして口元がかすかに微笑んでおり、

有名なモナ・リザの口元を彷彿とさせます。

この弥勒様の魅力はなんといっても

その美しい「手」です。

すらっと細い手、長い指。

ゆったりとたてられた小指がキュートです。

実は、このすらっとした「手」が

大きな事件に巻き込まれてしまっていたのです。

 

弥勒様の「手」が巻き込まれた事件とは?

それは1960年(昭和35年)に

京大の学生が弥勒菩薩像を拝観に来ました。

その京大生は弥勒菩薩像にみとれ、

引き込まれてしまいました。

そして、次の瞬間驚くべき行動に出たのです。

なんと!その美しいと思った

弥勒菩薩像の「手」を折ってしまったのです。

もちろん、その後、京大の学生は

逮捕されました。

折られた右手薬指は、復元され、

傷跡も目立たない様になっています。

あまりに美し過ぎた為に、おきてしまった

事件とも言えます。

 

・広隆寺の見どころは?

実は、広隆寺は、日本でとっても有名な方に

関係しているお寺なのです。

その人物とは・・・

「聖徳太子」です。

聖徳太子は、仏教による日本の統治をしようと

していたので、大陸から渡ってきた仏様を

もっていました。

「大陸から渡ってきた弥勒菩薩をどこにたてまつるか」と

思案していました。

その頃、聖徳太子は、夢を見ました。

その地が、広隆寺であったと言われています。

そこで京都の広隆寺に御安置なさったと言われています。

その為、広隆寺では聖徳太子の聖地として

知られているのです。

ここが、聖徳太子の夢にまで見た土地だったんだ。

そう思うとちょっと違った景色に見えるかもしれません。

 

・京都駅から広隆寺までのアクセス

京都駅から広隆寺までは、

電車を乗り継いで行くか、タクシーが便利です。

 

・京都駅から広隆寺まで電車のアクセス

まずは、京都駅からJR嵯峨野線に乗ります。

31・32・33番線乗り場から御乗車下さい。

JR嵯峨野線で5駅先にある

「太秦駅」で下車をします。

そこから徒歩6分ほどで

嵐電「帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅」に

到着します。

そこから1駅先が目的地の

「太秦広隆寺駅」です。

駅からすでに広隆寺が見えていますから

迷う事は無いと思います。

 

・京都駅から広隆寺までタクシーでのアクセス

京都駅から広隆寺までタクシーの場合は、

京都駅にあるタクシー乗り場へと移動します。

そこから、タクシーに御乗車下さい。

「広隆寺まで」とおっしゃっていただければ、

40分ほどで、広隆寺に到着致します。

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 嵐山観光