*

6月京都の服装の落とし穴。6月の京都旅行って実は・・・が重要なんです。

   

 

6月のイメージといえば、雨がふってじめじめしているというのではないでしょうか?私もそんなイメージです。雨がいつ降ってもおかしくない季節なだけに、適切な服装などがコロコロ変わってしまうので、6月に旅行に行かれる場合は、天気や気温のチェックが大切になってきます。

 

 

 

そこで、京都の気温や落とし穴な部分をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

・6月の落とし穴は?実は○○○が重要なんです。

京都の6月の気温と天気の傾向はどうなのでしょうか?実は意外な落とし穴というものがあるのです。そこをまずお伝えしておきます。

 

 

 

それは・・・

 

 

 

実は「下旬に行けばいくほど雨が降る」ということです。6月は雨の日が多いのはしょうがないだろ!と思うかもしれません。しかし、平年を見てみても、上旬はそこそこ天気が安定しています。しかし15日を過ぎた辺りから、雨やくもり、パッとしない天気の方が多いのです。

 

 

 

これって、とても大変なことです。3日行ったら1日くらいは晴れるだろう。と晴れの日の予定を入れていても、3日雨ということも考えられるのです。ですから、下旬になればなるほど雨でも大丈夫な服装やスポットを選んでおく事をオススメします。

 

 

 

その際、30℃を超える日が結構あるということを頭に入れておいて下さいね。雨の日も多いですが、30℃を超えるムシムシジメジメした気候になる日も多いのです。

 

 

 

・6月の気温は?

さて、先ほど京都の6月は下旬に向かえば向かうほど雨の日が多く、さらに30℃を超える日も多いということをお伝えしました。基本的に初夏に向かっていっているので、下旬になればなるほど暖かくなっていきます。ただ、雨の影響で肌寒い日がちらちらとあるので、ちょっとコーディネートなどに気をつけないといけないかもしれません。

 

 

 

6月を十しての気温は平均気温で22℃ほどになります。もう十分に暖かいと言えますね。5月と比べても2~4℃ほど上昇しています。平均がこれくらいですから、日中の最高気温などには注意してくださいね。

 

 

 

6月は5月に比べて寒暖の差はゆるやかになっています。早朝の一番低い気温でも13℃ほどで、肌寒さはまだあるもののコートや厚手の生地のものはもう必要ないでしょう。代わりに簡単に羽織れる薄手のものを用意しておくと、少し肌寒くなった時に便利です。

 

 

 

6月上旬の平均気温は22℃ほどです。

 

最高気温は33℃ほどです。

 

最低気温は10℃ほどです。

 

5月の下旬と比べてもぐっと気温が上がってきました。最高気温は30℃を超える日が続いており、ほぼ日中は暑いと感じることも多いと思います。また平年の天気出現率を見ていると上旬は比較的晴れの日も多く、もし6月に晴れの日に旅行や観光をしたいと考えていらっしゃる方は、この上旬を選ばれると、比較的晴れの日も多く、計画が立てやすいと思います。

 

 

 

6月中旬の平均気温は22.5℃ほどです。

 

最高気温は34℃ほどです。

 

最低気温は14℃ほどです。

 

上旬と比べても少しずつですが、気温なども上がってきています。特に最低気温などは徐々に上がってきており、初夏が近づいていることを予感させるような感じです。まぁ、おかげでじめじめ、むしむしとべったりとした暑さになることもあるのですが。

 

 

 

天気の出現率も大幅に下回り、晴れる事の方が珍しい連日雨の日が続くというな季節になっています。晴れ間などが見れればラッキーというような時期になってきますので、旅行などで訪れる場合は、室内など雨の日でも十分に楽しめるようなスポットを選ぶと良いかもしれません。全て屋外の施設で観光となるとちょっと厳しいかもしれません。十分に気をつけて遊んで下さいね。

 

 

 

6月下旬の平均気温は24℃ほどです。

 

最高気温は35℃ほどです。

 

最低気温は14.5℃ほどです。

 

下旬は、中旬と比べてもあまり変化はありませんね。気温などは中旬と下旬は同じくらなので、もしコレくらいの時期にお出かけのご予定を立てている方は、同じスタイルでコーディネートを組んでいくと楽しいかもしれません。やはり35℃と最高気温が真夏日となっています。暑いです。薄手や半袖を中心に軽く羽織るものなどを手に持っておくと安心かもしれません。もちろん天気の出現率は一番悪いので、最低でも折り畳み傘は用意しておくと良いと思います。

 

 

 

京都におでかけの場合はなるべく屋根があるところ、屋内などを中心に観光の計画などを立てていると、スムーズに慌てずに観光が出来ると思います。やはり焦ったり、慌てたりしてあわあわしてあまり楽しめなかったということがないようにして欲しいです。

 

 

 

また、京都は盆地ということもあって同じ関西でも大阪や神戸、奈良とは少し湿気の感じも違ってきてむしむしじめじめという気候の日が多いかもしれませんので、気をつけてくださいね。涼しさ溢れるスポットを選んでみるのも良いかもしれません。

 

 

 

 - 京都観光