*

相国寺の鳴き龍の秘話、 下手と呼ばれた絵師が苦悩の末、 完成させた驚きの龍とは?

   

京都相国寺の鳴き龍は有名ですね。

手をポンと打つと音が鳴り響くというものです。

これを見てみたいという方も

いらっしゃることでしょう。

今回は、その鳴き龍の秘話をご紹介します。

きっと、これを知れば、

あなたも相国寺に行きたくなりますよ!

 

・相国寺の鳴き龍の秘話とは?

相国寺の鳴き龍の秘話は、それを作った方の

お話です。

相国寺の鳴き龍を作ったのは、

「狩野光信(かのうみつのぶ)」という人物です。

彼は、絵描きでしたが、実はとっても深い

悩みがあったのです。

 

相国寺の鳴き龍にたどり着くまで

彼は、絵描きの子どもとして、英才教育を

受けてきたのです。

しかし、彼は絵が下手だと、言われ続けていました。

絵描きなのに下手と言われ、

「下手右京(へたうきょう)」なんてあだ名まで

つけられてしまう始末。

彼は大きく悩みます。

どうしても大きな事業を成功させたいと。

そこにやってきたのが、

相国寺(しょうこくじ)に龍の絵を描くと言う

大事業でした。

彼は張り切ってこれに取り組み、

見事に完成させました。

そのおかげもあってか、

現在の光信の評価は高いです。

 

・相国寺の鳴き龍の秘密とは?

彼の描いた鳴き龍。

大きな特徴は、鳴き龍の下で手を叩くと

音は反響して鳴いている様に聞こえる事です。

そして、もう一つ、大きな秘密を

光信は残して行ったのです。

それは、龍を見ながらぐるーっと廻ってみると

分かります。

ぐるぐるぐる。あれ?おかしい。

どこを見ても龍はこちらを睨んでいます。

これが光信が残していった秘密なんです。

「八方睨み」といいどこから見ても

目が合う様に作られているそうです。

やはり、下手だ下手だと言われながら、

高い技術を持ち合わせていたことを

伺わせます。

彼の威信をかけた傑作をご覧になってみては

いかがでしょうか?

・京都駅から相国寺へのアクセス

京都駅から相国寺へは電車かタクシーが便利です。

両方とも、アクセスが良いのでおすすめです。

 

・京都駅から相国寺へ電車でのアクセス

京都駅から相国寺へ電車で向かう場合は、

地下鉄の「烏丸線」に乗って

5駅先にある「今出川駅」で下車してください。

そこから徒歩で15分ほどで

相国寺に到着致します。

 

・京都駅から相国寺へタクシーでのアクセス

京都駅からタクシーで向かう場合は、

タクシー乗り場に向かい

「相国寺へ」とおっしゃっていただければ、

25分ほどで相国寺前をおつれいたします。

是非、春の京都を車窓からお楽しみ下さい。

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 京都観光