*

京都で桜と庭を楽しみたいなら 妙心寺の退蔵院はどうでしょう?

   

京都の妙心寺。

意外と知られていませんが、

実は、禅などで修行をする宗派の

半分を妙心寺派が占めているのです。

それだけに、本部の妙心寺の敷地は

広大です。

その中で、どこに行こう?

と迷われる方も多いのでは?

そこで、春の桜の季節に妙心寺に行くなら

ココ!という場所をご紹介します。

 

・春の季節の妙心寺のおすすめ

妙心寺には、お寺の中にさらに

お寺がたくさんあるんです。

なので、どこのお寺に行こう?

と迷ってしまう方も多いようです。

 

そんな中桜が見頃となる

4月1日(水)~19日(日)の期間は

「退蔵院(たいぞういん)」がおすすめです。

 

・退蔵院とは?

どうして、この時期の退蔵院が

おすすめなのかというと、

桜の期間に合わせて

「春の特別拝観」を行うからです。

この特別拝観で注目して欲しい所があります。

それは・・・。

やはり桜です。

退蔵院の桜はとっても有名なのです。

県外からわざわざ、この桜を見る為に

やってくる方もいるくらいです。

 

その桜は大きなしだれ桜で、奇麗です。

合わせてみたいのが白砂のお庭です。

龍安寺のような白砂の庭に、

淡いパステルカラーの桜色が

ほんのりと色彩を与えていて

落ち着いた雰囲気になっています。

 

この景色を是非、見て欲しいのです。

この1日から19日の間しか

見られない限定の景色ですよ!

 

・退蔵院、もう一つのおすすめは

退蔵院のもう一つのおすすめは、

「未だに解けない謎かけ」です。

え?何それ?と思いますよね。

退蔵院には一つの掛け軸が残っています。

それは、「なまずをひょうたんで捕まえる方法」です。

ぬるぬるして捕まえにくいなまずを、

さらに入り口が狭いひょうたんでどうやって

捕まえる?という謎かけです。

ん~、難しいですよね。

実際に、どうすればいいんだろう?

答えは、退蔵院にあるそうですよ!

是非、庭と桜と合わせてご覧になってください。

 

・京都駅から退蔵院までのアクセス

京都駅から退蔵院までは、

市バスかタクシーが便利です。

 

京都駅から市バスでのアクセス

京都駅から市バスでしたら

乗り場まで歩いて行き、

市バス26系統に乗ってください。

そこから22停留所を過ぎると

妙心寺北門前に到着します。

そこから、歩いて妙心寺まで行きましょう!

 

京都駅からタクシーでのアクセス

京都駅からタクシーでしたら、

タクシー乗り場から妙心寺へと向かう事ができます。

京都駅で、タクシー運転手に

「妙心寺まで」とお伝え下さい。

おおよそ35分ほどで妙心寺へと

お連れ致します。

h27030901 h27030902

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 嵐山観光