*

龍安寺の人気の秘密は謎? 未だ解かれない庭園の謎を追え!

   

http://www.ryoanji.jp/smph/garden/index.html

http://www.ryoanji.jp/smph/garden/index.html

 

京都には、様々な謎が残されています。

どうして、この地に作られたのか。

ずっとこの地を見守る将軍がいるお墓。

そして、300年以上解かれない謎の

庭園。

本日は、その300年以上解かれていない

謎の庭園について

ご案内致します!

 

・謎の庭園はどんなところ?

このお庭があるのは

右京区にある

「龍安寺(りょうあんじ)」と呼ばれる

お寺です。

このお寺にあるのは、

日本でも指折りの庭園です。

この庭園の人気の秘密は

そのお庭が謎に包まれていることにあります。

そのお庭とは?

(龍安寺の庭の秘密とは?)

龍安寺最大の見どころは、何と言っても

このお庭です。

このお庭は「枯山水(かれさんすい)」という

手法で作られています。

枯山水ってなに?

枯山水とは、石や砂などを使って

山や水を表現するといった禅寺でよく見られる

お庭の種類です。

実際に、砂だけなのに水があるように

見えてしまう不思議な空間でもあります。

日本人の想像力が豊かに表現された場所と

いってもいいでしょう。

その枯山水の中でも特に有名なのが

この龍安寺のお庭なのです。

水を使わず、水を表現する。

山を使わず山を表現する。

といった形式のお庭なので、

様々なインスピレーションが必要です。

にも関わらず、作った人物が分かっておりません。

さらに、このお庭が成立した時期も

定かでは有りません。

ただ、室町時代からすでにあったのでは?

と言われています。

そのため、作者の意図も、

お庭の意味も未だに分かっておらず、

ヒントは、お庭に残された

15個の岩のみとなっています。

これが、最大の謎で、

一体、どんな意味があって15個の岩なのか。

そして、どうして

5・2・3・2・3と別れて配置してあるのか。

それが最大の謎を呼び、

今でも人気の秘密になっています。

誰も解き明かした事のない秘密が

このお庭には眠っています。

一つには、七五三を表したのでは?

という説もありますが、

これが正解かどうかはまだ分かっていません。

これだ!思う正解を

見つけに行ってみるというのも

楽しい旅になるかもしれません。

なお、龍安寺には

バス20台、自家用車80台分の

駐車スペースがありますが、

人気スポットなので、

利用できないことも

しばしばあります。

なので、できれば、

タクシーなどで

向かわれるとスムーズに拝観することが

できますよ!

 - 京都観光