*

京都五社めぐりを効率よく一日で 四神相応の京都をお参りする方法とは?

   

京都は四神相応の地と言われており、

その4つの神様のいらっしゃる地と

さらに中央にある平安神宮を廻ることを

京都の五社めぐりと呼びます。

北の「玄武」上賀茂神社

南の「朱雀」城南宮

西の「白虎」松尾大社

東の「青龍」八坂神社

中央に鎮座する平安神宮

 

なんと広い広い京都市の

北から南、果ては西までと

市バスと電車で廻っていると

2日、3日かかってしまいます。

けれど、旅行に来ていたら

そんなに時間は取れないよ!

となりますよね。

そこで今回は、たった1日で全てを

廻る方法をお伝え致します。

 

・たった一日で効率よく廻る方法とは?

1日だけとなると、かなり大変です。

そこで、提案させていただくのが、

「タクシー」で五社を巡る方法です。

タクシーでしたら、バス停の時間や、

電車での乗り換えを気にしなくて済みますし、

直接次の所へ向かうことができるので、

距離的にもロスが少なく済みます。

これならば、2、3日かかるところを

1日で全て廻る事ができます。

 

・一日ずっと使っていたら高いのでは?

当然、心の中で思ってしまうのは、

タクシーって高く無い?

という事です。

そこで「タクシーの貸切」をご提案いたします。

弊社の例でいうと、一時間4000円。

これを仮に4人で巡るとすると

一人1000円で貸し切ることができるんです。

かなりお得になりますよね。

 

・五社めぐりでおすすめのスポット

ただ、五社を巡るだけでなく、

見どころを抑えておくと

より五社めぐりが楽しくなります。

今回は五社の中から

南の地「城南宮」の見どころを

ご紹介します。

 

方除けの神様?

城南宮は、京都市の南にありますが、

これにはちゃんと意味があります。

それは、この地が平安京の裏鬼門にあたり、

それを守る重大な拠点だったのです。

そこから、自分の行く方角を

守ってくれる神様として信仰され、

引越し、旅行、交通安全の神様として

信仰されています。

是非、五社巡りが無事に終えられること、

そして、旅行から帰っても無事に過ごせる様に

お願いをしてみてください。

その後、忘れれずにして欲しいポイントがあります。

 

そのポイントとは?

そのポイントは「菊水若水」という

境内にある水を持ち帰るか、飲んでみる。

ということです。

なんとこの水は伏見の名水10カ所にも

選ばれるほど美味しい。と評判なのです。

さらに、このお水を持ち帰ると願いが叶うなんて

いうことまで言われています。

是非、願いを叶えるため、菊水若水も

合わせて飲んでみてくださいね!

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 

 - 京都観光