*

京都の桜で早咲きなところはどこ? 3月中に見たい!桜とは?

   

DSC_0594

 

2016年の桜の開花予想が

更新されました。

京都の開花予想は3月27日~31日の

間ではないかと言われています。

でも、もうちょっと早く

桜が見たい!

と思っていらっしゃる方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、

早咲きの桜をご案内致します。

 

・京都の早咲きの桜は?

京都で早咲きの桜はいくつかありますが、

オススメは、「車折神社(くるまざきじんじゃ)」の

桜です。

こちらの桜は例年だと開花予想の4日ほど前に

つぼみが花開き始める。

と言われています。

渓仙桜という桜が有名です。

こちらの桜はしだれ桜のようになっており、

まるで、渓谷に咲く桜のように

徐々に下に垂れ下がるように

咲き誇っているのが特徴です。

3月中旬頃から見られる早咲きの桜は、

正面の左側にある

八重桜も早めに咲く桜として

知られています。

 

それにしても、気になるのは、

「車折(くるまざき)」という名前ですよね。

なんで、こんな名前の神社になったのでしょうか?

実は、こんなエピソードが

残されているのです。

この嵐山に遊びに行く為に

牛車でこの近くを通ろうとしたところ、

牛車が急に止まってしまったのです。

「え?どうして」なんて思っていると、

仕えていた方が「車の車輪が壊れてしまいました」

と言われたことから、

車が折れると書いて、

「車折」という名前をいただいた。

とも言われています。

ちょっと珍しい名前には、そんな由来があったのですね。

現代でも車が折られることはないようですから、

安心して、早咲きの桜をご覧になって

みてはいかがでしょうか?

 

 - 嵐山観光