*

株でブログを書いてる方にお伝えしたい 3月の京都でおすすめのイベント

   

株式でこんな経験ないですか?

これだと思った株式を買うと下がっていく。

そのうち戻るだろうと思って、

我慢しているとドンドン下がって冷や汗がでる。

もう駄目だと思って損切りしたとたんに反転していく。

株式の将来がちゃんと見極められたらどんなにいいか・・・

 

そんな、あなたに朗報です。

実は株式の行く末がわかる、

歴史的にも由緒ある嵯峨嵐山で行われます。

 

・それはいったい・・・?

それは、3月15日(日)に嵐山で

行われます。

その場所は、歴史的に由緒ある

清涼寺(せいりょうじ)です。

 

そこで何が?

ここでは、株価の予想をする為に、

お寺が燃えます。

まるで現代の本能寺の変のように

ごーぉっと音をたてて勢いよく

燃えるのです。

 

・現代の本能寺の変?

え?え?株価の為にお寺を燃やすの?

とびっくりしますよね。

この行事は、「お松明(おたいまつ)」と呼ばれ、

お寺に5メートルはありそうな

巨大な松明が3本並び、これを燃やすのです。

その光景は圧巻ですよ。

その3本の巨大な松明が目の前2メートル近くの所で

燃えます。

その迫力はまさに「本能寺の変」。

3本が一気に燃え上がると、顔が熱くなって、

側に寄れないくらいの熱気があります。

この迫力は体験してみないと分からないかもしれません。

でも、どうしてこんな事で株価が分かるの?

と思いますよね。

 

・どうして株価が分かる?

今は株価の指数が分かると言われていますが、

昔は、豊作か不作かどうかとこの燃え具合などから

判断していたそうなんです。

作物の出来が自分たちの生活に影響してくるので、

皆、必死だったのですね。

それは、株をしている人も、

昔の農民の方も同じだったようです。

 

3つの内、手前が早く燃えれば、株価は上がる

2つが先に燃えてしまえば、下がる。

こんな見極め方でしょうか?

でも、燃え上がる炎で株価が分かるなんて

斬新ですよね。

こんな行事、なかなか株のブログをやっている方でも

知っている方は少ないかもしれません。

株の運用で損をしない為にも

訪れてみてはいかがでしょうか?

 

・清涼寺へのアクセス

清涼寺は京都駅から

市バスかタクシーで向かうことができます。

 

市バスでしたら、京都駅前の

市バス乗り場から

市バス28系統へとお乗り下さい。

バスに揺られること60分で

嵯峨釈迦堂前に着きますので、下車してください。

そうすれば、清涼寺は目の前です。

 

タクシーでしたら、京都駅前から

タクシー乗り込んで

「清涼寺まで」とおっしゃってください。

そうすれば、後は嵐山の

風光明媚な景色を眺めること40分ほどで

清涼寺へと着きます。

 

観光地先で、

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

h27021301 h27021302 h27021303

 

 

 

 - 嵐山観光