*

灌頂院が京の冬の旅で再び見られる! 藤原紀香さんが東寺で意外な一言を・・・。

   

出典:http://www.asahi.com/and_M/interest/photo/AS20151016002894.html

出典:http://www.asahi.com/and_M/interest/photo/AS20151016002894.html

 

この秋、世界遺産「東寺」で

灌頂院(かんじょういん)が

公開されました。

あの藤原紀香さんが訪れたとあって、

この秋の特別公開で普段の1.5倍の方が

拝観なされたそうです。

それは、藤原紀香さんが言った、

意外な一言が表しているのかもしれません。

灌頂院を見た瞬間、

藤原紀香さんが

「あぁ、幸せだわ」とつぶやいたのです。

見た瞬間に、そんなことを言ってしまう

灌頂院の魅力とは、どんなものなのでしょうか?

 

・藤原紀香さんもつぶやいた灌頂院の魅力とは?

さて、藤原紀香さんが訪れ、

意外な一言をつぶやいた「灌頂院(かんじょういん)」とは

どんなところなのでしょうか?

灌頂院とは、仏教の秘術を師匠から

弟子へと継承する為に行われる儀式の場所として

使用されます。

その秘術とは・・・今までどこからも漏れることなく

平安時代から現代まで引き継がれているので、

私たちが知ることができません。

しかし、この灌頂院でずっと続けられてきました。

一体どんな事をしているのでしょうか。

その秘術を教わった時から本当のお坊さんになれるとも

いわれ、東寺の中でも特に重要な建物として

灌頂院は扱われてきました。

 

また、お正月にはこれまた非公開で

国家安寧を祈る「後七日御修法」が行われます。

何が行われているかは、

空海が835年にはじめてから外部に

漏れたことはありません。

これも秘術を用いて国家の安寧をお祈りしているそうです。

秘密ずくしの灌頂院は普段は拝観することができません。

 

そんな特別な空間に足を踏み入れたからなのか、

藤原紀香さんも感動で、あの一言が

出てきてしまったのではないでしょうか?

特別な空間というのは、

張りつめた空気があり、独特の雰囲気を

漂わせているのでしょう。

そんな空間に入ってつぶやいてしまうほど、

何かがあるのでしょう。

どんな空気、そしてどんな空間なのか

ご覧になってみたいですよね。

 

2016年1月17日(日)~

3月18日(金)までの間

09:30~16:00まで。

拝観料大人600円

小学生300円で

東寺の灌頂院を特別に拝観することができます。

 

藤原紀香さんと同じ感想が出るのか。

それとも違う言葉が出るのか。

そして、どんな空間なのか。

ずっとずっと秘密にされ、

東寺の中でも重要な

灌頂院をご覧になってみては

いかがでしょうか?

 

商売あがったり!売れないお茶屋さんが

東寺にお願いした内容とは?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/post-1285

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光