*

醍醐寺はカメラの三脚はOK? 醍醐寺の見どころも合わせてご案内

   

出典:https://www.daigoji.or.jp/garan/shimo_garan_detail.html

出典:https://www.daigoji.or.jp/garan/shimo_garan_detail.html

 

旅行に行くとついついカメラを構えて

写真を撮ってしまいます。

いつもとは違う風景に感動して、

記録して残しておきたい!

と思うのは当然のことです。

でも、最近ではカメラの三脚の使用を

禁止しているところもあります。

京都の醍醐寺はどうなのでしょうか?

 

・京都の醍醐寺は三脚はOK?NG?

京都の醍醐寺の三脚の使用は

禁止となっています。

なので、境内での三脚の使用は

ご遠慮していただけると、

無用なトラブルに巻き込まれません。

是非御参考下さい。

醍醐寺は、カメラを持ってどこに行けば、

美しい絵が取れるのか。

面白いのか!

その辺りを見てみましょう。

 

・醍醐寺のココがオススメ!

醍醐寺に行くならば、ココがオススメです。

まずは、醍醐寺といえば、

「醍醐の花見」が有名です。

醍醐寺で、1598年の4月20日に行われた

豊臣秀吉による大宴会です。

日本の歴史上最大のお花見と言われています。

なんと、1300人で盛大にお花見を

催したと言われています。

その桜の木を今でも醍醐寺で

楽しむ事が出来ます。

なんと、この日のために700本の

桜を埋めたとも言われています。

その桜を是非、カメラにおさめてください。

外のカメラ撮影は許可されているので、

カメラ好きの方は撮ってみては

いかがでしょうか?

なんと、1300人の衣装代だけで

39億円の費用がかかったと言われています。

それだけで、かなりの費用がかかったことが

分かりますよね。

一体どれほど豪華で優雅だったのか

想像もつきませんね。

 

他のオススメは

五重塔です。

見た目もインパクトがあるので、

写真映えもばっちりです!

なんと、この五重塔は完成までに

20年の歳月がかけられたのです。

951年という平安時代の頃に完成した

建物でもあり、数少ない

平安時代の建物として知られています。

なんと国宝指定されています。

国宝の絵画や仏像などの多くが

写真撮影禁止という中で、

五重の塔は国宝に指定されて

写真撮影ができる数空くない例です。

是非、ばっちり撮ってみて下さい。

 

 

 - 京都観光