*

ひな祭りに折り紙である物を製作(工作)して京都の下鴨神社に行こう

   

3月3日は言わずと知れた桃の節句。

女の子の為の行事「ひな祭り」ですね。

母親なら娘に、ひな祭りの思い出を作ってやりたいですね。

折り紙でひな人形の折り方を調べていらっしゃる

お母様方に、知っておいて欲しいことがあります。

それは・・・。

 

・ひな祭りは折り紙が起源?

今では一般的になった「ひな人形」

ズラーッと段々と続く大きなひな人形もあれば、

折り紙でおひな様とおだいり様を作る

可愛らしいものまで様々です。

 

そのお人形の起源が下鴨神社に?

そのお人形は、もともとどんな形をしていたのでしょうか?

それを京都にある「下鴨神社」で見る事ができます。

どんなのなんだろう?

大きい人形があるのかな?と思ったら

ちょっとガッカリするかもしれません。

 

ペラペラの紙一枚?

ひな人形の起源は、人の形に切った

紙一枚です。

え?こんなペラペラなヤツ?

とちょっとガッカリするかもしれませんね。

でも、この紙には、親御さんのある願いが

込められているのです。

 

そのお願い事とは?

その紙一枚に込められたお願い事とは、

自分の子どもが健康に育って欲しいという

お願いです。

当時、子どもが生まれても7歳まで生きていられる確立は

今よりもとってもとっても低かったのです。

その為、紙一枚のひな人形に自分の事に起こりそうな

悪いこと、不吉なことを移して、川に

流したそうです。

これがひな人形の始まりだと言われています。

 

・それを今も行っている下鴨神社

どの時代も子どもが無事に育って欲しいと

思うのが親というものですよね。

下鴨神社は、今でも、その願いに答えて

流しびなを行っています。

 

いつやるの?

3月3日(火)に行います。

10:20から受付を開始します。

先着100名様には無料で流しびなを

プレゼントしているそうです。

その流しびなは、12:00から

下鴨神社を流れる

「御手洗川(みたらしがわ)」に

流します。

あれ?この川の名前どこかで・・・。

そうです。

あの和菓子のみたらし団子は、

この下鴨神社の御手洗川から

きているんだそうです。

下鴨神社に来たら、一緒に

食べてみてくださいね。

きっとお子さんも喜びますよ。

 

・下鴨神社までのアクセス

そんな下鴨神社までのアクセスは

京都駅から市バスかタクシーで

向かうことができます。

 

市バスならば、

京都駅のバス乗り場から

市バス205系統へお乗り下さい。

おおよそ30分ほどで新葵橋という停留所へ

着きます。

そこから歩いて5分ほどで下鴨神社へ

たどり着きます。

 

お子さんがいるので、タクシーがいい。

そう思った方は、京都駅から

タクシー乗り場でタクシーに乗り、

「下鴨神社へ」と一言お願いします。

下鴨神社に着くまでの25分間の間に

みたらし団子のお話や、ひな人形の

お話をしてあげてみてはいかがでしょうか?

 

観光地先で、
運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

 - 京都観光