*

北野天満宮で行われた茶会は 人気が出ず1日で終了?ホント?

   

スクリーンショット 2015-09-02 16.09.01

 

戦国時代に活躍した武将と言えば、

「豊臣秀吉」をあげる方も多いのでは?

異例の大出世を果たした彼を

評価する人も少なくありません。

そんな彼がしてしまった

大失敗とは?

 

・秀吉の大失敗!茶会の人気はイマイチ?

豊臣秀吉はほぼ天下を統一した

1587年に京都の西にあった

北野天満宮で日本一と言われるほど

大きな茶会を開きました。

なんと、日本全国から人を集め、

さらに、身分を問わず、茶会に参加できる

としていました。

茶碗がなかったら、なんでもいいし、

貸してあげるから、絶対来てね!

誰でも来てね!

と、御触書を出しました。

しかも、期間は10日間やるので、

絶対に来てね。

もし、来なかったらその人は

茶会をしないで!

なんていう厳罰までつけて

この茶会を開きました。

なんと、身分や場所を問わずに

天下人となった秀吉自らが

お茶をたてるとあって、

事前の話題は大盛り上がりでした。

なんと、天下の茶人である

千利休のお茶も受けられたそうです。

現代の私たちからしたら、

教科書に出てくる人たちが出てきて

スゴい!と思いますよね。

当時の様子はどうだったのでしょうか?

 

・実は、成功?失敗?北野大茶会の様子は?

北野天満宮で行われた北野大茶会は

大成功をおさめたとも、

大失敗をおさめたとも言われています。

どうして、そんな両極端な評価なの?

と思いますよね。

実は、10日間開催するといっていたのにも

関わらず、たった1日開催しただけで

終了してしまったからなのです。

えぇ・・・どうして?

と思いますよね。

これは、たった1日で満足してしまった。

という説や

あまりの不況っぷりに辟易して

すぐに開催を取りやめてしまった。

という説とがあり、どちらかが

分からないままなのです。

しかし、たった1日だけ開催された

茶会で大成功をおさめた人物がいました。

それが、茶会でお菓子を提供した

「長五郎」という人物です。

彼は、自分のお菓子を秀吉に食べさせる事に

成功します。

このお菓子を食べた秀吉は大いに気に入り、

「長五郎餅」と命名して

売る様に命じました。

そして、今でも毎年開催される

北野茶会に長五郎餅を売り出しているのです。

秀吉にほめてもらった製法、味などを

変えずに、今でも同じ味を提供し続けているのです。

そして、今年も、その長五郎餅をはじめ

当時の茶会を再現する

「献茶祭」が北野天満宮で開催されます。

2015年12月1日(火)に

10:00~14:00の間に

開催されます。

この日、北野大茶会にゆらいしたお茶会で、

お茶の会が行われます。

もちろん!この時に合わせて

長五郎餅も食べることができますよ。

他にも、舞妓さんによるお点茶も

体験することができるそうで、

当日は、秀吉が行った

北野大茶会のように賑わいそうです。

是非、お茶を飲んでみては

いかがでしょうか?

 

 - 嵐山観光