*

京都の浄土真宗西本願寺をオススメする3つの理由 国宝唐門と2つは?

   

京都に旅行に行こうと思ったら、

その玄関口は、京都駅になるでしょう。

そこで、京都駅から歩いて行ける

京都らしいところをご紹介いたします。

旅の手始めに、国宝を無料で見てみませんか?

 

・どこがオススメ?

京都駅から徒歩で15分。

ちょっと軽い運動程度で国宝を無料で

見る事ができる場所があります。

それが浄土真宗西本願寺派の本部である

「西本願寺」です。

広大な広さの中に、国宝がずらーっと

並んでいて、京都らしさ満載です。

 

・どうしてオススメ?

それには3つの理由。

まずは、距離

京都駅からのアクセスがよく歩いて15分。

バスでもほんの少しで着いてしまいます。

そして、2つめに

国宝があるということです。

特に唐門は必見です。

そして3つめに

それらを無料で見る事ができるという点です。

国宝を無料で見られるというのは、

なかなかありませんよ!

 

・何を見るべきなの?

京都駅からも見える広大な敷地。

そこを目指して行くと、大きな通りに

大きな門。

そして金色が眩しい門があります。

まるでタイムスリップしたかのような

景色が広がっているので、まずは目で

楽しんでみてください。

 

中には巨大な二つの建物

そして、中に入ると、二つの大きな建物が。

「うわっ大きい!」と思わずカメラにおさめたくなる

大きさなんです。

この二つは、左が御影堂(ごえいどう)

右が阿弥陀堂(あみだどう)と呼ばれています。

御影堂は開祖である親鸞上人がいらっしゃって、

阿弥陀堂には、阿弥陀様がいらっしゃいます。

 

その中はというと・・・

その中に入る前に、靴を白いビニール袋にいれて

持ち歩いてください。土足厳禁です。

 

さて、中に入ると、

ひろーーい畳の部屋に

驚くと思います。

それと同時に金ぴかで眩しい!

なんて思うかもしれません。

そう、ここはこの世でありながら、

仏様のいらっしゃる世界を

再現しようとした場所なんです。

 

だからこそ、金ぴかで煌びやかで眩しいのです。

ここにきたら、まずは両手を合わせてみてくださいね。

旅のご無事をお祈りするのも良いですし、

ご家族の健康を祈ってみるのも良いかもしれません。

 

さて、二つの大きな建物に圧倒された後は、

絢爛豪華な安土桃山の文化を体験しに行きましょう。

 

・絢爛豪華な門とは?

この門は恐ろしいのです。

え?なにが恐ろしいって?

実は、この門は一度みたら、夕日が沈んでいくまで

ずっと見てしまうほど美しいと言われています。

そしてつけられた名前が「日暮らし門」

確かに、名前に違わず、色々と眺めて

いたくなる門です。

豪華絢爛で装飾がたくさんあり、

それを一つ一つ見ていたら、日もくれていきそうです。

「どれも奇麗だなー。あれ?でもちょっとこういう感じの門

どこかで見た事あるかも?」

なんて関東の方は、少し見覚えがあるかもしれません。

そう、日光東照宮にちょっと似てる。

なんて思うかもしれません。

 

それもそのはず、作られた時代が同じなのです。

こちらは、家康ではなく、秀吉が作らせた

門なのです。

確かに秀吉が好きそうな派手な門のような気もします。

なので西本願寺のここだけが、金ぴかで色鮮やかです。

 

西本願寺は、歩いてみるだけなら拝観料が

いらないので、京都駅から歩いて15分ほどで、

いきなり無料で国宝を見れたりするのです。

京都旅行へ来て、ココへ行かない手はありません。

是非、ご覧になってみてください。

 

もし、歩き疲れることが予想できる場合は、

タクシーをご利用してみてください。

道が混んでいなければ、安いお値段で

ご利用できますよ!

 

観光地先で、
運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 

h27013001 h27013002

 

 - 京都観光