*

大徳寺大仙院のココがスゴい 拝観料400円を払ってでも見たい庭園とは?

   

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/大仙院#/media/File:Daisen-in.JPG

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/大仙院#/media/File:Daisen-in.JPG

 

大徳寺と言えば、

戦国時代の織田信長や

千利休などとゆかりの深いお寺です。

そんな大徳寺の中にある

「大仙院(だいせんいん)」

このお寺は、実はお庭が

スゴいんです。

ここはもう拝観料400円を

払ってでも行きたい!

そう思えるお寺なんです。

 

・大仙院はどうスゴい?

大徳寺の大仙院には、

お庭があります。

ここのお庭を是非見て下さい。

この庭園の醍醐味は

山から流れた水が大河となり、

大海原にそそぐという

ダイナミックなストーリーがあるのです。

それを石と砂と木だけで、

水を一切使わずに再現をした。

というのだから、スゴいですよね。

これは、枯山水(かれさんすい)といい

龍安寺の石庭と同じですよね。

水を使わず水を感じるのことのできる

お庭は立体の水墨画のようです。

 

まず、山からわきいでる水は

書院前の庭園です。

ここでは、ダイナミックに石を配置して、

山を表現しています。

そして、木々も緑色が眩しいくらい植えられています。

そして、移動していくと、

徐々に大河なっていく過程が分かります。

次の庭は余計なものはなく、砂で大河を

表現しています。

ゆったりとながれる川がそこに見えてきそうなほどです。

そしてちょっと目を移すと、岩が

ぽつんぽつんと点在しています。

これは、船を表現していると言われています。

大河をゆったりと下る船の様子が分かります。

そして、最後に大きな海へと出るのです。

ここで注目してほしいのは、

模様です。

砂の模様が先ほどまでの川と違い、

波紋を描く様に、波のような模様に

しかれていて、やっと海にたどり着いた。

ということが分かります。

これほどまでに、水を使わず、

川や海や水を表現できるお庭はなかなかありません。

なんだか、お寺を廻っただけなのに、

旅を終えたような心地よい気分にさせてくれます。

私のオススメは、やはり

山からそそぎでる水を表現したお庭です。

ダイナミックな自然と、豊かな水を思わせる砂が

とても絶妙にマッチしており、

何時間でも見ていられるくらい美しいです。

是非、100円玉4枚でゆける

大河の旅をお楽しみ下さい。

 

紅葉の大徳寺はここがオススメ!

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/daitokuji-k1-015101901

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光