*

野宮神社と竹林のライトアップは2016年は いつから?恋愛にご利益や効力ある?

   

IMG_4250

 

嵐山といえば、京都でも有数の

観光地ですよね。

その中でも特に人気なのが

「野宮神社」です。

この野宮神社が12月には

ライトアップされるって

ご存知でしたか?

知らなかった。なんて

勿体ない!

もし、12月に訪れるなら、

気になりますよね?

 

・12月のライトアップとは?

嵐山で2016年

12月9日(金)~12月18日(日)まで

「嵐山花灯路」が行われ、

嵐山全体がライトアップされます。

そのライトアップに

竹林の小径と、野宮神社も

含まれています。

つまり、この期間中は嵐山と

野宮神社はライトアップが行われています。

竹林がライトアップされているところを

ご覧になったことがありますか?

青々とした竹に青や緑のライトが

照らされ、幻想的な空間となります。

それは、まるで映画の世界のような

空気です。

ファンタジーのような不思議な感覚で

面白いですよ。

ライトアップされた

竹林や野宮神社をご覧になる前に、

せっかくですから、野宮神社の

面白いところについて

知っておいてみてはいかがでしょうか?

野宮神社は、平安時代頃から

続けられた神社です。

実はこの神社、あの

世界初の長編恋愛小説

『源氏物語』にも登場したことがあるほど

長い歴史を持つ神社なのです。

この神社は、体と心を清める場所として

平安時代から使われてきました。

体を奇麗にしなくてはならないのだから、

清浄な場所で行うべき。

ということで選ばれたのが、ここでした。

つまり、昔から清く穢れがない

清らかな場所だったのです。

こちらで、お清めをする期間は

約1年間。

ここで暮らし、ここで身を清めていたのです。

そして、身を清める場所が

舞台となり、『源氏物語』の中で

一つの恋が終わった瞬間が描かれています。

『源氏物語』では光源氏の君の恋愛を

中心に描かれていますが、

その中でも、年上の恋人であった

「六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)」との

恋愛が野宮神社で終わります。

二人はすでに決定的に決裂していましたが、

六条御息所が野宮神社で体を清めた後、

京都を出て伊勢で暮らすことを聞いた

光源氏の君は、馬を走らせて

野宮神社までやってくるのです。

そして、野宮神社を訪ね、無理やり

彼女とお話する機会をもうけるのです。

そして、最後の晩、

同じ月を眺めながら夜通し

語り合ったと言われています。

まるで、今日が最後だとは思えないくらいに。

そうして、二人は別れを決意されて

別れたそうです。

六条御息所はこうして伊勢へと

向かっていったそうです。

そんな年上の女性と年下の男性の

恋愛が終わった場所が

ここ野宮神社だったのです。

そんな野宮神社には

悲恋のエピソードが残っていますが、

恋愛にご利益がある神様が

いらっしゃるんどえす。

ちょっと不思議ですよね。

悲恋は新しい恋愛への始まりでも

あるのかもしれません。

特にお守りは、ご利益があるとして

雑誌などでも何度も

取り上げられ、人気なんだそうです。

是非、ライトアップと

お守りを手に取ってみては

いかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光