*

着物が似合うスポットは? 京都の無鄰庵で決まり!

   

IMG_6659

 

京都は着物が似合う街ですよね。

伝統的な建築群や

お寺や神社などがあり、

着物で歩いてみて違和感のない町並みです。

そんな中、着物で行きたい!

着物が映える!素敵なスポットを

ご案内します。

 

・着物にピッタリのお庭とは?

着物にピッタリのスポットは京都の東山にあります。

そのスポットとは

「無鄰庵(むりんあん)」です。

明治・大正期の元勲であった

「山縣有朋(やまがたありとも)」の

別荘として使われた場所です。

この別荘は近代庭園の

代表作と言えるほど完成度が

高いお庭として

知られています。

このお庭は2年の歳月をかけて

つくられたのです。

この庭は山縣有朋自ら

指揮を執り、設計、監督をつとめて

作らせたお庭なんだそうです。

ただ、敷地が特殊で、

□のお庭ではなく△のお庭だったのです。

なんとも、いびつな敷地を補う様に

様々な庭木を配置して、

東山を借景として使い狭さやいびつな形を

カバーしています。

その効果通り、奥行き感が増し、

滝が段々になっており、

立体的な庭園になっています。

さらに、この庭園は歩く事ができます。

低めの川や背の高い木を植えることで

空間が広く見えるというのが、

歩いてみれば分かります。

こうした緑いっぱいの日本庭園には

着物が映えます。

もちろん、作庭されたのが明治時代なので、

この時代の大半の方がまだ

和服でした。

なので、着ている服が和服という

前提で作られた。

と考えれば自然と和服が似合いますよね。

京都で和服を着て歩く予定なら、

是非無鄰庵に足を向けてみては

いかがでしょうか?

 - 京都観光