*

松尾大社の2016年の 山吹の見頃と鑑賞ポイントとは?

   

スクリーンショット 2016-03-22 17.29.57

 

4月の京都といえば、桜が有名です。

しかし、桜は散るのが早いです。

ちょっと時期がズレると楽しめません。

けれど、嵐山には桜と同じ時期に咲き、

5月まで楽しめる黄金色をした花が

あるんです。

本日は、桜の後でも楽しめる山吹の花を

ご紹介致します。

 

・4月の嵐山でおすすめのスポットは?

黄金色の花が咲く

「松尾大社(まつのおたいしゃ)」が有名です。

え?黄金色?とちょっと驚くかもしれません。

どんな花が咲いてるの?と

ちょっと気になりますよね。

 

黄金色の花とは?

実は、黄金色の花は

「山吹(やまぶき)」なんです。

小判の色とも言われ、

時代劇では有名な「山吹色のお菓子」なんて

言われ方をするほど、黄色で鮮やかで

まるで黄金のような色をしていることで有名です。

この山吹が咲き誇っているのが

嵐山にある松尾大社なのです。

 

・松尾大社に咲く山吹とは?

松尾大社では、

「山吹まつり」が行われます。

山吹の見頃はこの時期と重なるので、

山吹まつりの頃に行ったら、

ちょうど奇麗な色をしていることでしょう。

この山吹まつりでは、

日本庭園を彩る山吹をみられる行事で、

京都らしい雰囲気で和やかに歩けますよ。

そして、この行事のポイントが1つあります。

 

松尾大社のここがポイント

そのポイントは「お庭」です。

どうして、お庭がポイントなのかといえば、

「神社」に「日本庭園」のお庭があることです。

実は、皆さんが想像するような白い砂が敷き詰めてあったり、

岩や松や苔で覆われて雰囲気のあるお庭。

なんていうのは、だいたい「お寺」にあるものです。

しかし、ここのお庭は、「神社」の中にあるんです。

これって、結構珍しいんですよ!

そんな事を知っていると、きっと2倍楽しく

「山吹まつり」を楽しむ事ができると思います。

 

・京都駅から松尾大社までのアクセス

松尾大社へは、京都駅から

市バスかタクシーでのアクセスが便利です。

 

・京都駅から松尾大社まで市バスでのアクセス

市バスで40分ほどで着きます。

バス乗り場から

市バス28系統へと乗り込みます。

そして「松尾大社前」で下車

歩いて5分ほどで

松尾大社へと着きます。

 

・京都駅から松尾大社までタクシーでのアクセス

タクシーなら、おおよそ30分程で

松尾大社へと行く事が出来ます。

境内は結構広いので、

歩き疲れたく無いと言う方は

タクシーで訪れてみるのも

オススメですよ!

 - 嵐山観光