*

松尾大社の節分大祭で八岐大蛇が現れる? 京都で島根県の石見神楽を見てみよう。

   

スクリーンショット 2015-08-05 16.41.24

 

2016年の2月3日(水)は

節分です。

この日、京都の松尾大社では

面白い行事が行われます。

その行事は「節分大祭(せつぶんたいさい)」です。

なんだ、普通じゃない。

と思うかもしれませんが、

この行事の

10:00~から行われる

「石見神楽(いわみかぐら)」が

とても、面白いのです。

 

・石見神楽とは?

石見神楽と言われても、

ピンと来ないですよね。

それもそのはず、石見神楽とは

京都の伝統行事ではなく、

島根県の伝統行事なのです。

え?島根県?

全然京都と関係ないじゃん!

何て思いますが、

実は、松尾大社と島根県の石見は

とても強い絆で結ばれているのです。

 

石見神楽とは

島根県に残っている伝統的な演劇です。

内容はというと、

出雲地方に残る伝説を再現します。

そうです。

素戔嗚尊(スサノヲノミコト)が

八岐大蛇(やまたのおろち)を

退治する場面を再現します。

有名ですよね。

素戔嗚尊が八岐大蛇にまず

お酒をしこたま飲ませて、酔わせてから

成敗するというシナリオですが、

八岐大蛇を成敗する場面は

圧巻で、思わず観客から歓声と

拍手が送られるほどです。

そんな神話のお話がどうして

京都の松尾大社と関係があるのか。

それは、石見神楽の登場人物と

関係があるのです。

実は、素戔嗚尊は

松尾大社の神様である

「大山咋神(おおやまくいのかみ)」の

おじいちゃんにあたる神様なのです。

そうした縁もあり、

京都の松尾大社でおじいちゃんが活躍する

お話を公演しているそうです。

京都で島根県の伝統行事を

拝見できるなんてちょっと面白いですよね。

 

さらにこの日と合わせて

2月1日~3日の間に「幸運の福豆」が

300円で授与されます。

さて、この福豆で何をするの?と

思うかもしれません。

実は、この福豆には福引き抽選券が

貰えるのです。

この抽選券をもって2月3日の

13:00~17:00までの間に

境内に行くと、抽選をすることができます。

この抽選に当たれば、豪華賞品が

授与されるとのことです。

是非、今年の運を試してみては

いかがでしょうか?

 

同じ日に壬生寺や吉田神社の

節分も有名です。

なんと両方とも50万人の

人が集まるとも言われています。

なので、松尾大社と合わせて

ご覧になるのがオススメです。

松尾大社から壬生寺や吉田神社へは

タクシーがオススメです。

 

松尾大社の水にはとんでもない秘密が!!

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/matuo-y1-016011802

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光