*

京都の1月にマラソン大会で交通規制は? 邪魔されない観光スポットをご紹介!

   

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/通し矢#/media/File:Toshi-ya_00.jpg

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/通し矢#/media/File:Toshi-ya_00.jpg

 

京都では、マラソンや駅伝が

毎年行われています。

1月には、マラソン大会は

行われるのでしょうか?

行われるとしたら、どこが

交通規制になるのでしょうか?

 

・1月の交通規制はあるの?

1月の京都に旅行に来ようと

思っていらっしゃる方は、

1月に京都で交通規制があるのか、

気になりますよね。

当然、その時間は道が通れないばかりか、

渋滞になりかねません。

旅行の時に、渋滞ばかりでは、

時間の無駄ですし、観光する時間も

減ってしまいますからね。

1月の京都では、

「皇后杯 全国女子駅伝」が

行われ、交通規制が行われます。

こちらは

2017年1月15日(日)に

行われます。

この日に京都に訪れる予定の方は、

ご注意ください。

12:30に西京極競技場から

スタートし、

国立京都国際会館を折り返す、

42.195kmのコースです。

もちろん、トラックなどではなく、

公道を走ります。

詳しいルートは公式HPに

記載されています。

おおよその時間も書かれていますので、

ご参考下さい。

公式HP:http://www.womens-ekiden.jp/course/map.html

12:30分頃にスタートをし、

京都国際会館前までで

13:40分頃に到着します。

また、そこから同じコースを

折り返しスタートします。

再び、西京極競技場に

戻ってくるまで

14:50分頃です。

おおよそ2時間半ほどで

到着往復しますので、

その間、都大路は

渋滞になる可能性が高いです。

「えぇ・・・、京都がスゴい

渋滞ならどうしよう」なんて

事になりそうですよね。

そこで

このコースに触れず、

楽しめるスポットを

ご案内します。

ここなら、1月15日に

京都に訪れていても、

渋滞にも、交通規制にも

悩まされずに拝観することができます。

オススメなのは、

東山にある

「三十三間堂」です。

平清盛が創建に関わったと言われる

大きなこのお寺は、

ながーいお堂があるお寺として

有名です。

中には、千体の仏様がご安置されており、

その中の一つが必ず、

自分の顔と似ている。

とまで言われています。

つまり、千体どの仏様も

微妙に一つ一つお顔だちが

違っているのです。

千体の仏様を造れる財力も

さることながら、

千体の仏様を全て違うお顔だちで

造られる仏師の方も、

スゴいですよね。

ずらーっと並ぶ圧巻の仏様の

集団に、驚かされること間違いなしです。

三十三間堂は

08:00~17:00までの

お時間で拝観することができます。

拝観料は

一般600円

中高生400円となっております。

こちらであれば、1月15日の

駅伝の影響を受けずに

拝観することができます。

もし、1月15日に京都にお越しになる

ご予定で、

渋滞や交通規制の道路を走りたくない!

と考えていらっしゃる方は

ご覧になってみては、いかがでしょうか?

 

美しい写真を見ればあなたも清水寺に行きたくなる?

URL:http://arashiyama-taxi.jp/kankou-blog/kiyomizu-i1-016121402

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光