*

京都の抹茶が日本で一番有名な理由とは? 地元民が教えるカフェで抹茶スイーツならココ!

   

出典:http://www.giwon-komori.com/?mode=f2

出典:http://www.giwon-komori.com/?mode=f2

 

日本でお茶や抹茶が有名な場所といえば、

静岡と宇治がパッと

出てくる方が多いのでは?

でも、日本で一番お茶を作っているのは

静岡県なんです。

そして、2番目は鹿児島県。

意外ですよね。

宇治の抹茶は5番目に多い生産量なのです。

え?じゃあ、なんで宇治だけ

あんなに有名なの?

なんて思いませんか?

宇治抹茶はどうして有名なのでしょうか?

 

・京都の宇治はどうしてお茶で有名なの?

どうして宇治は抹茶やお茶で有名なのでしょうか?

答えを言ってしまう前に、

お茶には「本物」と「ニセモノ」があるということを

知っていましたか?

実は、「答え」と関係しているので、

そのお話をしてからにしましょう。

実は、お茶には「本物」と「ニセモノ」というものが

ありました。

お茶は約800年前に鎌倉時代の初期に

日本に入ってきました。

この頃、「栂尾(とがのお)」と呼ばれる場所で

栽培を始めます。

なので「栂尾」で育てられたお茶が

「本物」のお茶「本茶(ほんちゃ)」と呼ばれるものなのです。

それ以外で育てられたお茶を

「ニセモノ」のお茶「非茶(ひちゃ)」として

呼ばれていました。

鎌倉時代から室町時代にかけて、

この「本茶」か「非茶」を当てる味見ゲームが

流行っていたのです。

今でもバラエティとしてテレビでよく見ますよね。

自分が食べたものや、本物かニセモノを当てるゲーム。

あれって、実は鎌倉時代から続くお遊びだったようです。

いつの時代もあまり変わらないのですね。

さて、時代が移ろい室町時代になると、室町幕府が

京都に近い宇治という土地に目をつけます。

この土地は霧が発生しやすく川が大きいため、

お茶の栽培に適した土地だったのです。

そこから、宇治のお茶作りが盛んになっていったのです。

そして、戦国時代には千利休が

お茶を文化として大成させました。

京都からほど近い宇治のお茶は重宝されるようになり、

一つのブランドとして確立されていったのです。

かつて栂尾が本物のお茶としての代名詞だったように、

今では宇治のお茶が

抹茶やお茶の代名詞のように使われているのです。

それは、室町時代からずーっと続いてきた

文化があったからなのです。

宇治のお茶が日本で5番目の生産量でも有名なのは

室町時代から続く文化や伝統があったからなのですね。

さて、そんなにお茶のお話をしていたら、

今度は抹茶のスイーツを

頂きたくなりますよね。

京都市で食べられる抹茶のスイーツの

オススメをご案内いたしますよ!

ぎをん小森

まずは、「ぎをん小森」というお店です。

こちらは京都祇園にある甘味処として

知られています。

雑誌でも、いろいろと紹介されているので、

知っていらっしゃる方もいるかもしれません。

有名な甘味処で抹茶のスイーツを

楽しむことができます。

その中でも是非、食べて頂きたいのが

「わらびもちパフェ」です。

パフェのグラスにきな粉と抹茶を使った

わらび餅をふんだんに入れ、

その上に抹茶のアイスが乗っています。

鎌倉時代から続くお茶も現代では

スイーツとして

愛されています。雰囲気も祇園に

マッチした和室で、

とても、雰囲気が良いです。

小森のすぐ横には、川が流れています。

川や石畳をご覧になりながら、

抹茶のスイーツをいただいてみては

いかがでしょうか?

中村藤吉

こちらは、京都宇治で老舗の

お茶屋さんです。

本格的なお茶を楽しむことができます。

宇治にだけでなく、京都駅にも

支店を出しており、

本場の宇治茶を楽しむお店として

人気です。

中村藤吉京都店では、カフェを

楽しむことができ、

宇治茶の他に、パフェや

抹茶ゼリーなどを楽しむことができます。

他にも、抹茶うどん、茶そばなども

楽しむことができ、

スイーツだけでなく、ランチなどにも

ご利用できます。

その中でオススメなのが

生茶ゼリイです。

抹茶で作られたゼリーを

特製のあんこと白玉で

お楽しみ下さい。

茂庵(もあん)

こちらのお店はあまり馴染みがないかもしれません。

京都の中でも、知る人ぞ知るという

お店なのです。

こちらは、京都大学の近くにある

「吉田神社」という神社の隣にございます。

少し小高い吉田山にあり、

ひっそりと、喧噪から隠れるようにして

あるお店です。

こちらで、いただけるのが抹茶ミルクや

抹茶など本格的な抹茶をいただけます。

こちらの茂庵は、大正時代から

茶室があったことから、

こうした抹茶のメニューがとても

美味しいと評判なのです。

現在でも、茶道を習うことができ、

その味や手法などは折り紙付きです。

是非、本格的なお抹茶を

頂いてみてはいかがでしょうか?

隠れ家的なお店なので、

ゆっくりと過ごしたい方は、

こちらの茂庵をオススメ致しますよ!

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 京都観光