*

京都の1月はどんな服装にすればいい? 温度が寒い観光には暖をとるのがオススメ!

   

スクリーンショット 2015-07-30 17.22.45

 

京都の1月の気温はどれくらい

冷え込むのでしょうか?

せっかく京都に旅行に行くのに、

服装で迷ってしまって、

寒過ぎる!

なんてことがないように、

しっかりと服装を準備されて

訪れるのが良いですよね。

 

・1月はどれくらいの気温?

京都の1月の気温は平均して

最高気温が9℃

最低気温が2℃です。

この数字を見てお分かりの通り、

かなり寒い。

冬本番という寒さだということが

分かりますよね。

1月上旬は

最高気温の平均が 9℃

最低気温の平均が 2℃

1月中旬は

最高気温の平均が 8℃

最低気温の平均が 2℃

1月下旬は

最高気温の平均が 7℃

最低気温の平均が 2℃

このようになっています。

基本的には、

最低気温があまり変わりませんが、

最高気温が1月の後半になるにつれて、

徐々に冷え込んできているのが分かります。

1月上旬でも、10℃を下回っている日も多く、

厚手のコートなどを

着ていらっしゃると良いかもしれません。

心配でしたら、普段よりも

一枚多く着込んでおくと、安心かもしれません。

手袋や耳当てなど、

体の末端などを冷やさないようにするのも、

対策の一つですよ!

是非、お忘れなくお持ちになってください。

特に鞍馬山、貴船、大原など

京都の中心部から外れ、

山などが近い場所に行かれる場合には、

マフラーなどしっかりとした、

防寒対策を取られて下さい。

京都は数字で見るよりも、

底冷えすると言われ、

あれ?数字ではあまり寒くなくても、

なんだか寒いぞ?

ということがありますので、

気を付けて下さいね。

さて、そんな寒い1月に

どこに行こう?

と思った時に行って欲しいスポットが

ございます。

それが、

「清凉寺(せいりょうじ)」です。

あまり馴染みがありませんが、

世界最古の恋愛小説の主人公が居た

スポット。

と言われると、ちょっとどこだ?誰だ?

となりませんか?

この世界最古の恋愛小説の主人公は

『源氏物語』の

「光る源氏の君」です。

光源氏ですね。

実は、小説は架空のお話ですが、

光源氏の君にはモデルがおります。

その光源氏の君のモデルが

清凉寺にいらっしゃった

「源融(みなもとのとおる)」です。

境遇も名前も似ていたりします。

そのため、モデルになったと言われています。

清凉寺は源融が別荘地として

使われたいものを後に彼の遺言により、

お寺にしたのだそうです。

どうして、光源氏の君のモデルとなった

彼のお寺が冬の旅にオススメなのでしょうか?

実は、こちらのお寺には、

冬に嬉しい熱々の和スイーツがあるからなんです。

冬の寒い日に食べたい和スイーツ

それが

「あぶり餅」です。

一口大に切ったお餅を炭火で炙り、

香ばしくなったところに

きな粉と味噌の甘辛いタレにつけて

頂きます。

これが、熱いお茶と一緒に食べると、

本当に暖まるのです。

寒い冬には、こうした暖まるものが

必要ですよね。

いくら厚着していても、

ずっと外に居ては冷えてしまいます。

是非、一度は暖かいもので

暖をとってみてはいかがでしょうか?

 

運転手つきの車をチャーターしよう。

京都観光を満喫する貸切タクシー

嵐山タクシー 1時間4000円~

お問い合わせはこちらから

http://arashiyama-taxi.jp/yoyaku.html

 - 嵐山観光